コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 地球工学科 土質力学I及び演習

土質力学I及び演習

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG23 23162 LJ73
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 演習
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 火3・4
教員
  • 勝見 武(地球環境学舎 教授)
  • 岸田 潔(工学研究科 教授)
  • 三村 衛(工学研究科 教授)
  • 木元 小百合(経営管理大学院 准教授)
  • 高井 敦史(地球環境学舎 准教授)
  • 肥後 陽介(工学研究科 准教授)
授業の概要・目的 土の構造とその工学特性の理解のため、土の分類と評価方法、締固めた土の特性、土中における水の移動現象、土の圧密変形と粘土地盤の沈下解析、土の強度と破壊に関する物理現象を説明する。さらに、演習問題を通じてこれらの問題を数理的に取り扱う手法を修得し、講義の内容の理解を深める。
到達目標 ・地盤の成り立ちや地盤に関わる災害を学習する。
・土の構造と分類、物理的性質の表現方法とその定量的評価手法を理解する。
・地盤を流れる水の運動およびダルシーの法則とその適用を理解する。
・有効応力の原理および土の圧密現象を学習し、圧密による地盤の沈下予測を行う解析手法等を理解する。
・モールの応力円を用いて土の応力状態を予測する手法を学習し、せん断による土の破壊現象を理解する。
授業計画と内容 地盤の成り立ち、地盤と社会基盤、地盤環境,0.5回,地盤の成り立ちや社会基盤との関わりを解説し、土質力学全般に関する概論を講述する。また地盤に関わる災害や環境問題について解説する。

土の指示的性質、応力、締固め、不飽和土、凍結,3.5回,土の構造と分類、物理的性質の表現方法とその定量的評価手法について解説し、演習問題を通じてその理解をはかる。また、土の締固め特性と締固め試験、および不飽和土、凍結について解説し、演習問題を通じてその理解をはかる。

土の透水と土中の水理,3回,地盤を流れる水の運動について基本的な現象の説明を行い、この運動を支配するダルシーの法則とその適用について解説する。さらに、各種地盤構造物内における浸透問題を解析的に解く手法について演習問題を用いて説明する。

中間試験,0.5回,

土の圧密と圧縮、粘土地盤の沈下予測,3.5回,有効応力の原理および土の圧密現象を説明し、これを数理的に取り扱う手法、ならびに粘土の圧密特性を表す諸量について解説する。さらに圧密による地盤の沈下予測を行うための解析手法について演習問題を用いて説明する。

応力・変形・強度と破壊理論,3回,モールの応力円を用いて、多次元場での土の応力状態を予測する手法について解説する。土のせん断による破壊現象の発生機構を解説する。さらに基礎となる土の強度の考え方とその測定のための試験法について演習問題を利用して解説する。

フィードバック授業,1回,試験問題について、出題者の意図を知らせ、模範解答を例示・解説する。
成績評価の方法・観点 成績評価は、期末試験、中間試験、レポート等を総合的に勘案して行う。(期末試験70点、中間試験+レポート+小試験等で30点、合計100点満点)
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 教科書の当該箇所を予習しておくことを推奨する。
教科書
  • 土質力学, 岡二三生著, (朝倉書店), ISBN:9784254261448
参考書等
  • 土質力学演習, 岡二三生著, (森北出版), ISBN: ISBN:4627426607
実務経験のある教員による授業
  • 分類:

    実務経験のある教員による実務経験を活かした授業科目

  • 当該授業科目に関連した実務経験の内容:

    竹中工務店 2.5年 地域地盤環境研究所 1.5年

  • 実務経験を活かした実践的な授業の内容:

    建設工事等における実務と関連づけながら土質力学の重要性を講義する。