コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 地球工学科 材料学

材料学

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG23 33024 LJ73
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 月2
教員
  • 山本 貴士(工学研究科 准教授)
  • 服部 篤史(工学研究科 准教授)
  • 高谷 哲(工学研究科 助教)
授業の概要・目的 構造用材料を対象として,材料一般のミクロな構造からマクロな物性の取扱いについて理解する.
注)講義には教科書を持参すること.
到達目標 コンクリート,鋼材,高分子材料,複合材料などの主要建設構造材料の性質,製造方法,試験方法をとりあげ,建設材料の考え方を理解する.
授業計画と内容 第1回 材料概論
材料の分類,土木材料の歴史,技術者倫理,トピックス等について講述する.
第2回 基本構造
原子間結合,理想強度,転位,降伏,力学的性質等について講述する.
第3回 金属材料・鉄鋼
金属材料,鉄,高炉,精錬,鋼,変態,熱処理,金属系新素材等について講述する.
第4回 金属の腐食・防食
金属材料の腐食,防食等について講述する.
第5回 高分子材料
樹脂,ゴム,繊維,ポリマーコンクリート,有機系新素材等について講述する.
第6回 セメント
セメントの種類,化学成分,組成化合物,水和反応,水和熱,混合セメント等について講述する.
第7回 コンクリート用の混和材料
混和剤,減水剤,AE剤,凍害,混和材,ポゾラン反応,潜在水硬性,高性能AE減水剤等について講述する.
第8回 骨材・水,フレッシュコンクリート
骨材,練混ぜ水,フレッシュコンクリートのワーカビリティー・レオロジー・コンシステンシー・材料分離等について講述する.
第9回 コンクリートの力学特性
水セメント比,圧縮強度,曲げ強度,引張強度,靭性等について講述する.
第10回 コンクリートの変状
コンクリートの変状,アルカリシリカ反応,収縮等について講述する.
第11回 コンクリート中の鉄筋腐食
鉄筋の腐食,中性化,塩害について講述する.
第12回 コンクリートの配合設計
コンクリートの配合設計について講述する.
第13回 高性能なコンクリートと補強材
各種高性能なコンクリートと特殊な補強材について講述する.
第14回 コンクリート構造物の調査試験方法
表面硬度法,超音波法,弾性波法,赤外線法,自然電位法,分極抵抗法等について講述する.
第15回 フィードバック
本講義の内容に関する到達度を確認するとともに,疑問点などについてフィードバックを行う.
成績評価の方法・観点 期末試験,レポート等を総合的に勘案して行う(期末試験80点,レポート等20点,合計100点満点).
履修要件 総合人間学部開講の「基礎物理化学要論」を履修しておくことが望ましい.
授業外学習(予習・復習)等 1. 予定されている章に目を通す.
2. 解説に基づき前回のミニクイズを復習.
教科書
  • 土木材料学, 宮川豊章,六郷恵哲 共編, (朝倉書店), ISBN:9784254261622
参考書等
  • 図説わかる材料, 岡本享久, 熊野知司 編著, (学芸出版社), ISBN: ISBN:9784761526146
  • コンクリートなんでも小事典, 土木学会関西支部 編,井上晋 他著, (講談社), ISBN: ISBN:9784062576246
関連URL
  • http://csd.kuciv.kyoto-u.ac.jp/
  • http://sme.kuciv.kyoto-u.ac.jp/
  • http://sme.kuciv.kyoto-u.ac.jp/