コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 宇宙物理学教室 物理科学課題演習C4 物理科学課題演習C4

物理科学課題演習C4 物理科学課題演習C4

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 33363 SJ56
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 5 単位
授業形態 課題演習
配当学年 3回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 水3・4・5
教員
  • 一本 潔(理学研究科 教授)
  • 浅井 歩(理学研究科 准教授)
  • 永田 伸一(理学研究科 助教)
授業の概要・目的 太陽の分光観測の演習を行う。花山天文台の太陽望遠鏡を用いて分光観測をおこない、スペクトルから天体の物理量を導出する手法の基礎を学ぶ。また,飛騨天文台で最新の装置を用いた観測おこない、ひので衛星等のデータと合わせて解析し、太陽活動現象に関する理解を深める。
並行して太陽電磁流体物理学及び分光学に関する教科書の輪講を行う。
到達目標 太陽スペクトルの実習観測を通して分光学の基礎を習得し、天体の物理情報を得るための方法論を理解する。得られたスペクトルデータの解析を通じて課題を自ら解決する能力を養う。
授業計画と内容 (1)スペクトルの形成論と宇宙電磁流体力学に関するテキストを輪読形式で学習発表する。
(2)花山天文台のシーロスタット望遠鏡にて太陽活動現象の分光観測手法、解析手法の基礎を学習する。併せて、画像解析に使用されるプログラミング言語IDLを習得する。
(3)飛騨天文台DST太陽望遠鏡にて、活動現象の分光・撮像観測を行い、そのデータ解析を行う。また、同時に取得されている「ひので」等の衛星観測データも用いて活動現象を多波長で多面的に解析する。
(4)解析結果を、レポート・プレゼン資料にまとめる。

(1)と(2)は期間を通じて行う。(3)は11~12月の3日間を予定する。(4)は最後の2週を割り当てる。以上を計15週を用いておこなう。
履修要件 天文学概論と観測天文学,基礎宇宙物理学Iを履修していることが望ましい。また、太陽物理学もあわせて履修することを推奨する。
授業外学習(予習・復習)等 輪読の発表に際してはテキストを予習し、参加メンバーにわかりやすく解説できるように準備をすること。
参考書等
  • Radiative Process in Astrophysics, Rybicki and Lightman,
  • 現代の天文学(太陽), 櫻井隆、他偏,
  • 総説 宇宙天気, 柴田一成、上出洋介 編,