コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 宇宙物理学教室 物理科学課題研究S3 物理科学課題研究S3

物理科学課題研究S3 物理科学課題研究S3

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 45302 GJ56
開講年度・開講期 2020・通年
単位数 12 単位
授業形態 卒業研究
配当学年 4回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
教員
  • 上田 佳宏(理学研究科 准教授)
  • 加藤 太一(理学研究科 助教)
  • 野上 大作(理学研究科 准教授)
授業の概要・目的 おもにブラックホールや恒星を対象に、宇宙における広い意味での活動現象を、X線や可視光を用いた多波長観測により研究する。いち早く最先端の研究に触れることで、今後、本格的研究を進めるための素養を身につけることが目的である。
到達目標 宇宙における活動現象の物理を深く理解し、X線天文学・可視天文学の観測方法・データ解析技術を習得する。
授業計画と内容 以下のいずれかまたは両方を柱として研究を進める。
(1)最新のX線天文衛星のデータを用いてブラックホールなどコンパクト天体における降着流の研究を行い、X線天文学の基礎を学ぶ。
(2)可視測光・分光観測により、広い意味での恒星の活動現象を調べ、可視データ解析法を習得する。

教科書や論文の講読により基本的知識を修め、その後、実際に観測とデータ解析作業を行う。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 輪講で扱う内容について、発表者以外も予習してくることが望ましい。