コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 経済学部 専門科目Ⅰ 経済数学1

経済数学1

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ECON00 20107 LJ43
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 2-4回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 水4
教員
  • 髙梨 誠之(経済学研究科 講師)
授業の概要・目的 本授業の目的は、経済学を理解する為に必要な数学の基礎を学ぶことである。先ずは、基礎的な集合論(Set Theory)や簡単な微分法(Differential Calculus)、線形代数学(Linear Algebra)を学び、それぞれの有用なツールを確認する。その上で、基礎的な最適化問題(Optimization)を学習する。
到達目標 *基礎的な集合論(Set Theory)や簡単な微分法(Differential Calculus)、線形代数学(Linear Algebra)における、経済学を分析する上で有用なコンセプトを理解する。
*基礎的な最適化問題(Optimization)の解法を習得する。
*本授業で学んだコンセプトや解法を用いて、経済学における諸問題を分析できるようになる。
授業計画と内容 I. 授業スケジュール
 第1週 ガイダンスと講義
 第2-14週 講義(含む、課題の提出)
 第15週 フィードバック
 
II. テーマ
(1) イントロダクション
 * 経済学と数学
 * 集合論と論理学

(2) 微分法(Differential Calculus)
 * 実数、級数、数列の極限
 * 全微分、偏微分
 * 指数関数、対数関数

(3) 線形代数学(Linear Algebra)
 * ベクトル
 * 行列、行列式
 * 固有値、固有ベクトル
 * 行列と連立一次方程式、クラメール公式など

(4) 最適化問題(Optimization)
 * 局所解の1階条件と2階条件
 * ラグランジュ乗数法
成績評価の方法・観点 講義への参加(含む、課題提出)と試験。詳細については別途連絡する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 教科書を読み、内容を整理する。
教科書
  • 経済学・経営学のための数学, 岡田章, (東洋経済新報社), ISBN:978-4492312988