コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
現在位置: ホーム ja 公開講義 第10回 MACSコロキウム 「有機固体中の電子励起状態ダイナミクス」

312 - 第10回 MACSコロキウム 「有機固体中の電子励起状態ダイナミクス」, 2019

第10回MACSコロキウム

第10回 MACSコロキウム
「有機固体中の電子励起状態ダイナミクス」

2019年11月15日

渡邊 一也 氏
(理学研究科 分子分光学研究室 教授)

講演映像

概要

「有機固体中の電子励起状態ダイナミクス」
渡邊 一也 氏(理学研究科 分子分光学研究室 教授)

π電子系を持つ有機分子は,光と相互作用することでさまざまな機能を発現するため、その電子励起状態における超高速ダイナミクスは古くからの研究対象とされてきました。多彩な超高速過程を理解する上で,分子の原子核の振動運動と電子励起状態の結合を解明することは重要です。講演では,有機固体で発現する一重項励起子分裂などの超高速現象をとりあげ,極短パルスレーザー光を用いた時間分解分光による研究について紹介します。