コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション
 

シリーズ11

シリーズⅪ「大震災後の医療・診療・感染症防止を考える」

「緊急時医療」~東日本大震災 現場からの報告と今後の医療施策

平成23年9月29日(木)13時30分~16時40分
京都大学百周年時計台記念館百周年記念ホール

# プログラム 資料
1 京都大学における医療支援体制
坂田 隆造(京都大学付属病院 副院長)
Video
2 災害派遣チーム(DMAT)による支援
大鶴 繁(救急部 助教)
Video
3 検死医としての活動
三上 芳喜(病理診断部 准教授)
Video
4 東松島におけるボランティア活動から
石井 和樹(医学部人間健康科学科4回生)
5 福島県における「京都心のケアチーム」の活動
山崎 信幸(デイ・ケア診療部 院内講師)
Video
6 宮城県石巻赤十字病院への産婦人科医師派遣に参加して
濱西 潤三(産科婦人科 助教)
Video
7 近畿ブロック4大学による医療支援
村中 弘之(心臓血管外科 助教)
Video
8 被災地における感染症防止
高倉 俊二(感染制御部 准教授)
Video
9 福島第一原子力発電所の事故を踏まえた今後の緊急被ばく医療
小池 薫(救急部 教授)
Video
10 今後の被災地への医療支援について
坂田 隆造(京都大学付属病院 副院長)
Video