現在位置: ホーム ja 公開講義 春秋講義『「山」は「森」-「森・里・海のつながり」の物語り』,2016

153 - 春秋講義『「山」は「森」-「森・里・海のつながり」の物語り』,2016

ドキュメントアクション
  • RSSフィード
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
Course Image

春秋講義 『「山」は「森」-「森・里・海のつながり」の物語り』

吉岡 崇仁 (フィールド科学教育研究センター 教授)

2016年10月29日
百周年時計台記念館

講演映像→

Course Description

日本で山と言えば、森のこと。山持ちさんとは、ものすごい力持ちではなく、森林所有者のこと。「あとは野となれ山となれ」とは、原っぱが盛り上がって山になるのではなく、放っておけば野原や森になること。山は森です。森は川を通じて里、そして海につながり、そのつながりの中で人びとは暮らしています。このつながりは、何かを物語っているのだろうと思います。そのお話しを聞いてみませんか。もちろん、全部ではないのですが。