現在位置: ホーム ja 公開講義 春秋講義 「ジュゴン、ウミガメ、オオナマズを追いかける -希少水圏生物の保護と共存 」

111 - 春秋講義 「ジュゴン、ウミガメ、オオナマズを追いかける -希少水圏生物の保護と共存 」, 2015

ドキュメントアクション
  • RSSフィード
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
Course Image

春秋講義 「ジュゴン、ウミガメ、オオナマズを追いかける -希少水圏生物の保護と共存 」

荒井 修亮 教授

2015年9月5日
百周年時計台記念館

講演映像→

Course Description

海の生物を直接観察することは大変難しいことです。しかし、近年、小型の発信機や記録計による研究が可能となってきました。この研究手法を「バイオロギング」と言います。これは、バイオ(生物)とロギング(記録)を組み合わせた和製英語ですが、今では学術用語として定着しています。講義では、ジュゴン、ウミガメ、メコンオオナマズを研究するに至った背景を説明するとともに、明らかになった彼らの生態を紹介します。