コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション
 
現在位置: ホーム シラバス(2019年度) 経済学部 2回生演習 6282217 2回生演習

6282217 2回生演習

ナンバリング
  • U-ECON00 20020 SJ43
シラバスID eco_4651
開講年度・開講期 後期
授業形態 演習
対象回生 2回生
対象学生 Undergraduate
使用言語 日本語
曜時限 火5
教員
  • 坂出 健(経済学研究科)
授業の概要・目的 [国際政治経済学(International Political Economy)・国際関係論(International Relations)基礎①]本ゼミでは国際政治経済学・国際関係論の諸潮流の基礎を、サブゼミでは国際経済論の基礎を体得する。現代の国際社会は、国際政治と国際経済の交錯した複雑な情勢の中で、政策上の諸課題の新たな解決策を求めています。こうした状況の中で注目を浴びているのが「国際政治経済学」と呼ばれる学問分野です。国際政治経済学は、国際政治学・国際経済学の複合的な視座から国際社会の問題に、理論・歴史・政策の三つの側面から探求に取り組むアプローチです。KoALA(京都大学ネット講義-坂出担当)「国際政治経済学」の内容を理解する。https://koala.highedu.kyoto-u.ac.jp/courses/course-v1:KoALA+SS001+2018_2T/about
到達目標 ①国際政治経済の関心のあるトピックについて自分で調査する力を身につける。
②国際政治経済学の基本的な概念を学習し、①について理論的枠組みからとらえる力を身につける。[2回生演習前期重点目標]
➂国際政治経済について自分の考えをもち、討論する力を身につける。PCプレゼンのスライド作成とプレゼンテーション・プラクティス。
④アカデミック・エッセイ(小論文)等を執筆する力を身につける。
授業計画と内容 (1)国際政治経済学(IPE)・国際関係論(IR)を学ぶ基礎理論を下記8トピックについて、教員作成のオリジナル・テキストに基づいて学習する。①リアリズムの先駆者-トゥキディディスと「トゥキディディスの罠」、マキャベリ『君主論』②ウェストファリア条約-三〇年戦争、ホッブス『リヴァイアサン』、グロティウス『捕獲公論』『国際平和の法』、テシィケ『ウェストファリアの神話』、ウィーン条約と勢力均衡③国際金本位制と理想主義の登場-リカード『経済学原理』(比較優位の原理)、ソウル-国際貿易と国際決済、国際金本位制の構造、カント-『実践理性批判』から『永遠平和のために』、デモクラティック・ピース・セオリー④第一次世界大戦の原因と帰結-ウィルソン理想主義と国際連盟、再建金本位制からブロック経済へ、キンドルバーガー『大不況下の世界』(覇権安定論)、カー『危機の二〇年』⑤現実主義の確立-ブレトンウッズ会議、ブレトンウッズ体制、モーゲンソー『国際政治』、ケナン「X論文」⑥現実主義の新しい展開-新現実主義-ウォルツ『国際政治の理論』、キッシンジャーとニクソン外交、ギルピン(覇権衰退論)、ニクソン・ショック(金ドル交換停止)と変動相場制⑦新理想主義の登場-クーパー(相互依存論)、ナイ・コヘイン(複合的相互依存論)、ナイ(アフター・ヘゲモニー)⑧国際公共財理論-公共財と集合行動、共有地の悲劇、公共財としての覇権、バードン・シェアリングからマクロ政策協調                                         
成績評価の方法・観点及び達成度 出席・発表・議論での発言・ゼミの運営への寄与
履修要件 国際政治経済に深く広い知的好奇心があること。
授業外学習(予習・復習)等 受講者が選択した関心のある具体的な国際政治経済上のトピックについて、各種メディアの情報を処理し、通り一遍ではない自分(達)の見解をまとめ、ゼミで報告する準備をしていただきます。
参考書等
  • フォーリン・アフェアーズ・リポート』(月刊),