コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション
 
現在位置: ホーム シラバス(2019年度) 経済学部 2回生演習 6282213 2回生演習

6282213 2回生演習

ナンバリング
  • U-ECON00 20020 SJ43
シラバスID eco_4690
開講年度・開講期 後期
授業形態 演習
対象回生 2回生
対象学生 Undergraduate
使用言語 日本語
曜時限 火5
教員
  • 西山 慎一(経済学研究科)
授業の概要・目的 入門・中級レベルの経済学を文献を輪読しつつ、そこで紹介される様々な経済理論を現実の経済に応用し、財政金融政策や社会保障政策の短期及び中長期的な効果を定性的・定量的に分析する。金融機関、シンクタンク、中央官庁の調査セクションで通用する水準の分析を目指す。
到達目標 入門・中級レベルの経済学を十分に理解し、理論モデルに現実のデータを当てはめ、表計算ソフトウェアなどを使って解き、経済成長、財政金融政策、社会保障政策、ファイナンスなどについての簡単な(10~20ページの)レポートが書けるようになること。新聞や雑誌で紹介された経済政策について、経済理論を踏まえた上で公平かつ客観的に論評できるようになること。
授業計画と内容 1.古典派やケインジアンの閉鎖経済・開放経済モデルや初歩的な経済成長モデルの学習(輪読)。
2.Excelなどの表計算ソフトウェアを使った基礎的な分析手法の習得。
3.マクロ経済統計、ミクロ経済データ(クロスセクション、パネル)、税制・社会保障制度などの理解。
4.マクロ経済や財政金融政策、あるいはファイナンスに関する簡単な分析レポートの作成および口頭発表。
5.Matlabあるいは類似のソフトウェアによる初歩的なプログラミング手法の習得(希望者のみ)。
成績評価の方法・観点及び達成度 演習での発表・討論と期末のレポートで評価する。
履修要件 特になし。ただしミクロ経済学入門、マクロ経済学入門、基礎統計学を履修していることが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等 十分に演習の予習・復習をし、分からないことがあれば、演習中やオフィスアワーに質問すること。
教科書
  • 演習初日までに決定する。