コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション
 
現在位置: ホーム シラバス(2019年度) 経済学部 2回生演習 6282210 2回生演習

6282210 2回生演習

ナンバリング
  • U-ECON00 20020 SJ43
シラバスID eco_4672
開講年度・開講期 後期
授業形態 演習
対象回生 2回生
対象学生 Undergraduate
使用言語 日本語
曜時限 火5
教員
  • 椙山 泰生(経営管理大学院)
授業の概要・目的 グローバルに事業を展開する企業の競争優位の源泉はどこにあるのか,企業のイノベーションがどのように進むのか,企業間の競争と協調が企業のパフォーマンスにどのような影響を与えるのかなどのテーマについて,経営戦略論と組織論をベースとして研究する。これらの問いに対する答えを探索するため,企業経営を理解する様々な枠組みについて学び,また経営分析に必要な能力を身につけるのが,本演習の目的である。
到達目標 以下の二つの能力を付けることが到達目標である。
1.企業の経営を理解する上で必要となる概念と理論,およびその現実への適用が,十分な水準で実行できる能力を身につける。
2.企業の経営を分析するための調査研究に従事するために必要となる基本的な能力を身につける。
授業計画と内容 上記の目的のために,本演習では,以下のようなプログラムをこなしてもらう予定である。
1. 理論的枠組みの理解:下記に例示したようなテキストを精読・議論し,討論を通じて経営を理解するために必要な戦略論や組織論の考え方を能動的に学んでもらう。
2. 分析に必要な思考法と調査スキルの獲得:数人のグループで企業経営に関する研究プロジェクトを実施し,資料収集とフィールド調査,収集したデータの検討と解釈,プレゼンテーションとレポートの作成という流れを経験することで,経営分析に必要な思考法と調査・研究スキルを身に付けてもらう。
3. 企業人との交流:ビジネスマンとのディスカッションを企画する。 
 本演習では,グループでの討論や研究,問題解決への取り組みを重視している。この点に留意してゼミを選択してほしい。企業における事業の企画・創造,戦略策定,企業や業界の分析・調査,企業への処方箋の提案・実行などの仕事に将来就きたいという希望(漠然としたもので良い)を持っている学生の参加を望む。
成績評価の方法・観点及び達成度 毎回のゼミへの参加と報告,グループワークへの貢献によって評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 毎回の演習に向けての準備のほか,授業外の時間にグループ研究に従事することになる。
教科書
  • 過去に読んだ文献の例をあげておく。 Clayton M. Christensen and Michael E. Raynor, The Innovator's Solution, Harvard Business School Press, 2003, 櫻井祐子訳 『イノベーションへの解』 翔泳社,2003年。 Marco Iansiti, Roy Levien, The Keystone Advantage, Harvard Business School Press, 2004, 『キーストーン戦略』翔泳社,2007年。 沼上幹『経営戦略の思考法』日本経済新聞社,2010年。