コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション
 
現在位置: ホーム シラバス(2019年度) 経済学部 2回生演習 6282137 2回生演習

6282137 2回生演習

ナンバリング
  • U-ECON00 20020 SJ43
シラバスID eco_4659
開講年度・開講期 前期
授業形態 演習
対象回生 2回生
対象学生 Undergraduate
使用言語 日本語
曜時限 火4
教員
  • 溝端 佐登史(経済研究所)
授業の概要・目的 国際比較の経済学 
 新興市場経済、多様な資本主義経済はグローバル経済の構造が多様であり、その比較研究が重要であることを示唆している。とくに、中国、ロシアは国家資本主義としてかつ新興市場経済・移行経済として国際市場に強くコミットしている。経済システムを国際比較する場合に、どのような方法と比較結果が存在するのか。前期では主に、国際比較の経済学を取り出し、比較の視座・比較構図を検討する。
到達目標  経済学の思考方法、多様な接近方法を学ぶとともに、調査・研究、研究報告、討論、論文執筆についての技法の習得を図る。
授業計画と内容 共通で輪読する文献を選択したうえで、各自の分担で、文献の報告と討論を行う。 最初に、「経済システム」、経済制度に関する最近の理論・実証動向についての解説を行ったうえで、適切な文献を共同で検討する。
大きくは次の論題を扱う。
1. 比較経済学のレビュー・方法
2. 比較経済学における類型化
3. 多様な資本主義と新興市場経済
4. 市場の質と国家の質 

 プレゼンテーションの方法・共同研究と共同報告の方法、論文執筆方法などについては別途講義する。また、外国人を含め、専門的なセミナーを適時開催する予定であり、内容と進度は変更もある。さらに、他大学との共同ゼミを行うことも予定している。
成績評価の方法・観点及び達成度 研究報告および出席状況により評価する。
履修要件 グループでの議論と積極的なゼミ運営への参加を望む。
授業外学習(予習・復習)等 事前の報告準備は必ず行うこと。外部専門家、外国人によるセミナーを適時開催する。
教科書
  • 資本主義の本質について, J.コルナイ(溝端他訳), (NTT出版),
  • 国際比較の経済学, S.コーヘン(溝端他訳), (NTT出版),