コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション
 
現在位置: ホーム シラバス(2019年度) 経済学部 2回生演習 6282117 2回生演習

6282117 2回生演習

ナンバリング
  • U-ECON00 20020 SJ43
シラバスID eco_4687
開講年度・開講期 前期
授業形態 演習
対象回生 2回生
対象学生 Undergraduate
使用言語 日本語
曜時限 火5
教員
  • 坂出 健(経済学研究科)
授業の概要・目的 [国際政治経済学(International Political Economy)・国際関係論(International Relations)基礎②]本ゼミでは国際政治経済学・国際関係論の諸潮流の基礎を、サブゼミでは国際経済論の基礎を体得する。現代の国際社会は、国際政治と国際経済の交錯した複雑な情勢の中で、政策上の諸課題の新たな解決策を求めています。こうした状況の中で注目を浴びているのが「国際政治経済学」と呼ばれる学問分野です。国際政治経済学は、国際政治学・国際経済学の複合的な視座から国際社会の問題に、理論・歴史・政策の三つの側面から探求に取り組むアプローチです。
到達目標 ①国際政治経済の関心のあるトピックについて自分で調査する力を身につける。 [2回生演習後期重点目標]
②国際政治経済学の基本的な概念を学習し、①について理論的枠組みからとらえる力を身につける。
➂国際政治経済について自分の考えをもち、討論する力を身につける。PCプレゼンのスライド作成とプレゼンテーション・プラクティス。
④アカデミック・エッセイ(小論文)等を執筆する力を身につける。
授業計画と内容 (1)国際政治経済学(IPE)・国際関係論(IR)を学ぶ基礎理論を下記7トピックについて、教員作成のオリジナル・テキストに基づいて学習する。➈冷戦終結と国際関係理論-フクヤマ「歴史の終焉」論、ハンティントン「文明の衝突」論、コジェーヴ・シュトラウス論争の再評価、⑩構築主義(コンストラクティビズム)-ウェント、ラギー (埋め込まれた自由主義)、人道的介入、⑪英国学派-ワイト(3Rs)、ブル『国際社会論』、ジャスト・ウォー・セオリー(正戦論)、⑫理想主義の諸相-アイケンベリー(リベラル大戦略論・アフタービクトリー)、セン(人間の安全保障)、ヤングとクラズナー(グローバル・ガバナンス論)、⑬現実主義の諸相-ミアシャイマー(攻撃的リアリズム)、レイン(幻想の平和)、アリソン(トゥキディディスの罠)、⑭国際関係理論の諸相-ブレマー(Gゼロ論)、アーロン・フリードバーグ、ジョージ・フリードマン(地政学)、⑮)歴史の必然性と主体-ウェストファリアの「神話」と「解釈」、「歴史の終焉」論対「文明の衝突」論再論
(2)受講者の選択した国際政治経済のトピックについて調査をすすめ、レポートを作成し、レポートに基づき討論を行う。(前年では、朝鮮半島非核化交渉など)(サブゼミ国際経済論はボランタリィな参加、コマは参加者で相談する)。
成績評価の方法・観点及び達成度 出席・発表・議論での発言・ゼミの運営への寄与
履修要件 国際政治経済に深く広い知的好奇心があること。
授業外学習(予習・復習)等 受講者が選択した関心のある具体的な国際政治経済上のトピックについて、各種メディアの情報を処理し、通り一遍ではない自分(達)の見解をまとめ、ゼミで報告する準備をしていただきます。
参考書等
  • フォーリン・アフェアーズ・リポート(月刊),