コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション
 
現在位置: ホーム シラバス(2019年度) 経済学部 2回生演習 6282107 2回生演習

6282107 2回生演習

ナンバリング
  • U-ECON00 20020 SJ43
シラバスID eco_4635
開講年度・開講期 前期
授業形態 演習
対象回生 2回生
対象学生 Undergraduate
使用言語 日本語
曜時限 火5
教員
  • 澤邉 紀生(経営管理大学院)
授業の概要・目的 この2回生演習の目的は,会計学と企業分析の基礎を学ぶことです。グローバルに会計制度が大きく変化するなかで,企業経営にとって会計の重要性はかつてなく高まっています.制度変化の背景には,会計情報作成者(企業等)を重視したこれまでの考え方から,会計情報利用者(投資家等)の方を重視する新しい考え方へのシフトがあるといわれています.そこで,この演習では,日本の会計制度の背景にある基本的な考え方を学ぶとともに,会計情報を用いて企業を分析する手法を勉強します.
到達目標 会計学と企業分析の基礎知識の修得。
授業計画と内容 この2回生演習は,前・後期通年で授業を設計しています。前期は,会計学と企業分析の基礎的な知識を習得するために,基本的なテキストの輪読を行います。また,夏期休暇以降に取り組んでもらう研究テーマについて,2・3・4回生合同での発表を一ヶ月に一度の頻度で行い,研究テーマの設定や絞り込みについて議論します。 前期のスケジュールは下記を予定しています。
第1週 オリエンテーション
第2週 現代の企業会計の役割
第3週 会計制度の体系
第4週 ディスクロージャー制度の概要(第1回研究テーマ発表,2・3・4回生合同)第5週 損益計算書の体系
第6週 業績測定・表示
第7週 貸借対照表の体系
第8週 資産の会計    (第2回研究テーマ発表,2・3・4回生合同)
第9週 持分の会計
第10週 金融商品の会計
第11週 従業員給付の会計
第12週 連結グループの会計    (第3回研究テーマ発表,2・3・4回生合同)
第13週 企業結合・事業分離の会計
第14週 外貨換算・為替予約の会計
第15週 企業分析の手法と考え方   (第4回研究テーマ発表,2・3・4回生合同)
成績評価の方法・観点及び達成度 平常点評価
履修要件 とくになし。研究者志望を歓迎します。
授業外学習(予習・復習)等     
教科書
  • ゼミナール現代会計入門 (最新版), 伊藤邦雄著, (日本経済新聞),
参考書等
  • 適宜、指示します。