コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション
 
現在位置: ホーム シラバス(2019年度) 経済学部 入門演習 6279006 入門演習6

6279006 入門演習6

ナンバリング
  • U-ECON00 10010 SJ43
シラバスID eco_4620
開講年度・開講期 前期
授業形態 演習
対象回生 1回生
対象学生 Undergraduate
使用言語 日本語
曜時限 水1
教員
  • 砂川 伸幸(経営管理大学院)
授業の概要・目的 入門演習は,少人数のゼミ形式をとることによって,新入生が高校教育から大学教育にスムーズに移行することを目的とした科目である。大学での学習・研究に必要となるアカデミックスキルと学習倫理を習得することが共通の目的になっている。その上で,担当教員ごとに異なるテーマをとりあげ,経営学や経済学への導入がなされる。
到達目標 大学での学習・研究に必要となるアカデミックスキルと学習倫理を理解し,経済学・経営学の学習に必要な基礎事項を修得する。
授業計画と内容 1.全クラス共通のテーマは以下の通りである。
○レポート・論文の書き方
○プレゼンテーション
○学習倫理:剽窃の問題
○図書や情報検索入門
○樟若葉賞(3回生以下の学生による優秀論文賞)の授賞式と研究報告会への参加

2.その上で,各教員による経営学・経済学への導入がなされる。

なお,入学式後のオリエンテーションにおいて,より詳細な説明を行う。
クラス指定や演習室については開講前に指示するのでそれに従うこと。
第1回目の演習時に担当教員から今後の進め方やテキストについての説明がある。また,相互に自己紹介を行う。
成績評価の方法・観点及び達成度 配点は平常点(出席,授業での発表・発言等を考慮して評価)70点,最終レポート30点とする。ただし,最終レポートの提出を単位取得の条件とする。すなわち,平常点が60点以上ある場合でも,最終レポートを提出しない学生には,単位が与えられない。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 担当の教員から指示があるので,それに従うこと。
参考書等
  • アカデミック・スキルズ 第2版―大学生のための知的技法入門, 佐藤望(編), (慶應義塾大学出版会),
  • 新版 論文の教室 レポートから卒論まで, 戸田山和久, (NHK出版),