数理工学概論

科目ナンバリング U-ENG29 19114 LJ54
U-ENG29 19114 LJ55
U-ENG29 19114 LJ10
開講年度・開講期 2022 ・ 前期
単位数 2 単位 授業形態 講義
配当学年 対象学生
使用言語 日本語 曜時限 火2
教員 山下 信雄 (情報学研究科 教授)
下平 英寿 (情報学研究科 教授)
寺前 順之介 (情報学研究科 准教授)
授業の概要・目的 データサイエンス,アルゴリズム・離散数学,オペレーションズリサーチなどを題材として,モデリングや解析,設計における数理工学の基本的な考え方を解説する.
到達目標 数理工学の基本的な考え方を理解する.
授業計画と内容 オペレーションズリサーチ:数理的意思決定法(山下),4回,現代社会に現れる様々な状況において最適な意思決定手法を与えるオペレーションズリサーチの基礎的事項を紹介する.特に,ゲーム理論,安定結婚問題,投資問題,データ解析,階層分析法などを取り上げ,意思決定における数理の果たす役割を見る.

データサイエンスの数理(下平),4回,深層学習によるパターン認識などAI技術が近年注目を集めている.その基盤となる確率論,統計学,機械学習について紹介する.特に多変量解析,自然言語処理,画像認識,DNA解析などを取り上げる.

数理モデリングと非線形科学(寺前),4回, 我々を取り巻く物理,生命,社会現象などの多くが相互作用する多数の要素が生み出す集団現象として記述される.その数理構造を解明するための非線形科学の基礎を紹介する.特に,同期現象,相転移,神経情報処理,脳の学習などを取り上げ,数理モデルの果たす役割をみる.


数理工学と社会,3回,数理工学の社会への適用例や研究例を様々な視点から紹介する
成績評価の方法・観点 レポートにもとづいて成績評価する.
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 予習は必要としないが,配布した資料を復習し,
理解しておくこと
教科書 なし
参考書等 なし
関連URL
PAGE TOP