数学特別講義2

科目ナンバリング U-SCI00 17102 LJ55 開講年度・開講期 2021 ・ 通年集中
単位数 1 単位 授業形態
配当学年 1回生以上 対象学生
使用言語 日本語 曜時限 集中
教員 栄 伸一郎 (非常勤講師)
宮路 智行 (理学研究科 准教授)
授業の概要・目的 ☆応用数学Ⅰ☆
反応拡散系における局在パターンに注目し, その運動や相互作用について学ぶ.それらを具体的な数理モデルに応用し, 現象の理解につなげる.
到達目標 反応拡散型の具体的な数理モデルに対して, 局在解の構成や運動, 相互作用を記述する方程式を具体的に導くことができる.
授業計画と内容 1. 反応拡散型モデルの導入 (1回)
2. 反応拡散系に現れる局在パターン (1回)
3. 局在パターンのダイナミクス (1回)
4. 局在パターンの相互作用 (2回)
履修要件 微分方程式について習熟していることが望ましい. 特に平衡点やその安定性, 熱方程式に関する知識を有していること.
授業外学習(予習・復習)等 微分方程式について復習しておくこと. 特に平衡点やその安定性, 熱方程式に関する復習をしっかりしておくこと.
教科書 特になし
PAGE TOP