保険数学II

科目ナンバリング U-SCI00 44108 LJ55 開講年度・開講期 2021 ・ 後期
単位数 2 単位 授業形態 講義
配当学年 4回生以上 対象学生
使用言語 日本語 曜時限 木3
教員 浅野 淳 (理学研究科 客員教授)
恒川 啓之 (理学研究科 客員教授)
南 嘉博 (理学研究科 客員教授)
徳田 裕也 (理学研究科 客員教授)
中村 吉男 (理学研究科 客員教授)
授業の概要・目的 保険数学Ⅰに引き続き保険数学の基本的な概念について学修したうえで、連合生命、多重脱退、多重状態等の生命保険への応用、アクチュアリー実務について学修する。
到達目標 生命保険の数理計算の基本的な手法について理解する。その基礎となる生命保険価格の算定方法等について基礎的な確率論を踏まえた上で保険数学へ応用できるようにする。
授業計画と内容 基本的な概念である前期の内容を踏まえ、連合生命、多重脱退、多重状態等の生命保険への応用についても学修する。
以下のテーマに関して(項目に応じて1~3回)合計15回の授業を行う。

1.前期(保険数学Ⅰ)の復習[担当:恒川]
2.基数、アクチュアリー実務[担当:恒川]
3.連合生命[担当:南]
4.多重脱退[担当:徳田]
5.多重状態(就業不能モデル、重病保険)[担当:徳田]
6.実務上の取扱(実務上の責任準備金、解約返戻金、利源分析、計算基礎の変更)[担当:浅野]
7.確率過程と実務[担当:中村]
8.まとめ[担当:中村]
9.フィードバック
履修要件 保険数学Ⅰ、保険数学演習Ⅰを履修済みであることが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等 講義内容のより深い理解のために,保険数学演習Ⅱも同時に履修するのが望ましい。
教科書 アクチュアリーのための生命保険数学入門, 京都大学理学部アクチュアリーサイエンス部門編, (岩波書店), ISBN:ISBN978-4-00-006280-0 C3041
実務経験のある教員による授業 分類:

実務経験のある教員による実務経験を活かした授業科目

当該授業科目に関連した実務経験の内容:

公益社団法人日本アクチュアリー会の正会員であり、保険料率設定と商品開発、保険会社決算・契約者配当、損益・諸効率分析および企業年金の数理計算・コンサル業務などの実務経験を有する

実務経験を活かした実践的な授業の内容:

事例に基づく保険料、責任準備金計算実務などの解説に加え、社会経済環境変化の下での保険会社経営、商品課題、保険数理実務の対応例などを紹介する
PAGE TOP