解剖学

科目ナンバリング U-MED25 23206 LJ87 開講年度・開講期 2022 ・ 前期前半
単位数 2 単位 授業形態 講義
配当学年 2回生以上 対象学生
使用言語 日本語 曜時限 水3・4
教員 山田 重人 (医学研究科 教授)
谷間 桃子 (医学研究科 助教)
授業の概要・目的 人体は様々な細胞から組織、器官が構成されており、それらが協調して働くことで一個体として機能している。人体の構造と機能に関する総合的理解を目指し、特に、その構造異常や機能異常によって起こる「疾患」を念頭において概説する。学生諸君の知的好奇心を刺激する一方で、臨床に有益な関連事項を織り交ぜて解説したい。
到達目標 ・人体の構造及び機能の基本を理解する。
・異常により引き起こされる疾患の病態について解剖学的に説明できる。
授業計画と内容 第1回(4/13) Chapter1 Introduction to the Body; Chapter2 Chemistry of Life (山田)
第2回(4/13) Chapter3 Cells; Chapter4 Tissues(山田)
第3回(4/20) Chapter5 Organ Systems; Chapter6 Skin and Membranes (山田)
第4回(4/20) Chapter7 Skeletal System(山田)
第5回(4/27) Chapter8 Muscular System(山田)
第6回(4/27) Chapter9 Nervous System(山田)
第7回(5/11) Chapter9 Nervous System (cont'd)((山田)
第8回(5/11) Chapter10 Senses; Chapter11 Endocrine System(山田)
第9回(5/18) Chapter12 Blood; Chapter13 Cardiovascular System(谷間)
第10回(5/18) Chapter13 Cardiovascular System (cont'd) (谷間)
第11回(5/25) Chapter14 Lymphatic System and Immunity; Chapter15 Respiratory System(谷間)
第12回(5/25) Chapter16 Digestive System (谷間)
第13回(6/1) Chapter18 Urinary System; Chapter21 Reproductive System(山田)
第14回(6/1) Chapter22 Growth, Development, and Aging (山田)
第15回(日付未定) 試験およびフィードバック(山田)
成績評価の方法・観点 1回の記述式試験において100点満点中、60点以上となること
60点以上:合格
59点以下:不合格
但し、対面の試験が不可能な場合には、レポートやPandA上のテストの成績により評価を行うことがある。詳細は授業中に告知する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 ・講義前には、教科書の該当範囲を通読してくることが望ましい。
・講義後には付録してある演習問題を解き、講義事項を確認する。
教科書 Structure & Function of the Body,16th ed., Paperback, K.T.Patton, G.A.Thibodeau, (ELSEVIER), ISBN:978-0323597791, 2019年11月発売の第16版を使用する。
参考書等 グレイ解剖学 原著第3版, 塩田浩平, (エルゼビア・ジャパン), ISBN:978-4860343064, 必要に応じて参照のこと。重いので毎回の講義に持参しなくてもよい。解剖実習では必要か。
入門人体解剖学 改訂第5版, 藤田恒夫, (南江堂), ISBN:978-4-524-24237-5, 英語がどうしても辛くなった時に参照するのに適切。
ソボッタ解剖学アトラス, Paulsen, Waschke, (2021), ISBN:4621304593, アトラス。実習と併用が可能。これは第1巻の情報で、全3巻である。
実務経験のある教員による授業 分類:

資格取得に関する授業科目のうち、当該資格の実務に関する授業科目
関連URL https://evolve.elsevier.com/cs/
PAGE TOP