臨床生理・超音波診断学II

科目ナンバリング U-MED29 38033 LJ88 開講年度・開講期 2021 ・ 後期
単位数 2 単位 授業形態 講義
配当学年 3回生以上 対象学生
使用言語 日本語 曜時限 水2
教員 藤井 康友 (医学研究科 教授)
山田 重人 (医学研究科 教授)
杉本 直三 (医学研究科 教授)
椎名 毅 (医学研究科 教授)
平井 豊博 (医学研究科 教授)
池田 昭夫 (医学研究科 特定教授)
松橋 眞生 (医学研究科 特定准教授)
人見 健文 (附属病院 講師)
松原 雄 (医学研究科 講師)
授業の概要・目的 臨床生理・超音波診断学Ⅰに引き続き、脳波、呼吸機能、動脈血ガス分析、超音波(工学的事項、医用超音波、産科、消化管)など、臨床検査のなかでも、さらに専門性の高い領域について,疾患の診断・治療効果判定に如何に応用させるかに焦点をあてて,各領域のエキスパートが講義を担当する。
到達目標 さらに専門性の高い生理機能検査(脳波、呼吸機能、動脈血ガス分析、超音波など)について基本的事項を理解する。このことは、当学科のディプロマポリシーである「深い知力と行動力」を確立するためには不可欠である。
授業計画と内容 第1回  総論(藤井)
第2回  医用超音波:臨床の立場から (藤井)
第3回  消化管超音波検査 (藤井)
第4回  産科超音波検査 (山田)
第5回  呼吸機能検査1 (平井)
第6回  呼吸機能検査2 (佐藤)
第7回  動脈血ガス分析(酸塩基平衡) (松原)
第8回  脳波:発生機構と基礎 (池田)
第9回  脳波:機器と記録方法 1 (松橋)
第10回  脳波:機器と記録方法 2 (松橋)
第11回  脳波:正常所見(脳生理)(人見)
第12回  脳波:異常所見(病態) (池田)
第13回  超音波検査応用1 (杉本)
第14回   超音波検査応用2 (椎名)
第15回  まとめとフィードバック (藤井)

講義の順番は入れ替わる可能性あり。
フィードバックは、メールによる質問受付にて実施する。
成績評価の方法・観点 評価方法:定期試験(筆記記述)

出席状況を確認するが評価には加えない。
その確認には学生証のカードリーダ読み込みによってのみ行うので講義の際は
学生証を必ず持参すること。
学生証の紛失、忘却、再発行中 等の申し出は受け付けない
全講義数の2/3以上の出席をもって定期試験の受験資格を得ることが出来る。

履修届は必ず提出すること:未提出での定期試験受験は認めない(評価しない)。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 指定教科書・参考書等の該当分野を予め熟読して講義に臨むこと。
教科書 谷口信行 編集『標準臨床検査学:生理検査学・画像検査学』(医学書院) ISBN:978-260-01418-2
谷口信行 編集『基本をおさえる腹部エコー 改訂版~撮りかた、診かた、考えかた』(羊土社) ISBN:978-4758110501
実務経験のある教員による授業 分類:

資格取得に関する授業科目のうち、当該資格の実務に関する授業科目
PAGE TOP