内部障害理学療法学

科目ナンバリング U-MED27 36210 LJ88 開講年度・開講期 2021 ・ 後期前半
単位数 1 単位 授業形態 講義
配当学年 3回生以上 対象学生
使用言語 日本語 曜時限 月1・2
教員 谷間 桃子 (医学研究科 助教)
宮本 俊朗 (非常勤講師)
授業の概要・目的 内部障害理学療法学では、内部障害リハビリテーション学で学んだことを基礎に、呼吸器・循環器・代謝疾患患者に対する理学療法評価と理学療法を学ぶ。
到達目標 各疾患特有の病態とリスクを考慮に入れて、内部障害患者に対する基本的な理学療法評価および理学療法手技を習得することを目標とする。
授業計画と内容 第1回 呼吸器疾患患者に対する理学療法評価1
第2回 呼吸器疾患患者に対する理学療法評価2
第3回 呼吸器疾患患者に対する理学療法の実際1
第4回 呼吸器疾患患者に対する理学療法の実際2
第5回 循環器疾患患者に対する理学療法の評価
第6回 循環器疾患患者に対する理学療法の実際    
第7回 代謝疾患患者に対する理学療法の評価
第8回 代謝疾患患者に対する理学療法の実際、試験およびフィードバック
成績評価の方法・観点 筆記試験(70%)、レポート・小テスト等(30%)により評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 各授業への参加に際して、事前に教科書の該当する部分をまとめておくとともに、授業毎に配布した資料を中心に事後学習に取り組むこと。
教科書 15レクチャーシリーズ 理学療法テキスト 内部障害理学療法学 呼吸 第2版, 玉木 彰 編著, (中山書店)
15レクチャーシリーズ 理学療法テキスト 内部障害理学療法学 循環・代謝 第2版, 石川 朗,木村雅彦 編著, (中山書店)
参考書等 DVDで学ぶ呼吸理学療法テクニック, 玉木 彰 編著, (南江堂)
実務経験のある教員による授業 分類:

資格取得に関する授業科目のうち、当該資格の実務に関する授業科目
PAGE TOP