成人看護学実習II

科目ナンバリング U-MED26 34319 PJ94 開講年度・開講期 2021 ・ 前期後半
単位数 2 単位 授業形態 実習
配当学年 3回生以上 対象学生
使用言語 日本語 曜時限
教員 任 和子 (医学研究科 教授)
清水 彬礼 (医学研究科 助教)
授業の概要・目的 慢性的な病いをもつ成人患者や家族に対し、患者との良好な人間関係を構築し、セルフマネジメントの基盤となる理論・概念と問題解決の系統的アプローチを用いて、患者が病いとの折り合いをつけて生活する方法を見つけられるように看護を実践する能力を養う。
到達目標 ① 慢性的な病いにより不可逆的な変化で治癒が望めない成人患者や家族を全人的に理解し、問題解決の系統的アプローチ用いて看護を展開できる。
② 患者や家族が疾病とその段階に応じた治療法を受容し、病いとともに生活する自分なりの方法を見つけられるように、患者のQOLの維持向上を目指した援助ができる。
③ 患者の自律を尊重し、意思決定を支える援助ができる。
授業計画と内容 1) 実習単位・時間:2単位・2週間(90時間)
2) 実習期間:6月1日~7月10日
3) 実習時間:8:15~16:00(実習内容・場所により異なる)
4) 実習場所: 京都大学医学部附属病院 内科系病棟
5) 実習内容: 学生は患者を受け持ち、患者のアセスメント・看護診断・目標設定・看護計画の立案・実施・評価を包括的に学習する。
また、チーム医療における看護師の役割、看護倫理に基づく看護師の姿勢を学習する。



※ 詳細は、別途 実習要項等にて提示
成績評価の方法・観点 出席日数、実習状況、記録等から総合的に評価する。
※ 詳細は、別途 実習要項等にて提示
履修要件 本実習を履修するには、成人看護学概論、成人看護学I、成人看護学II、成人看護学IIIおよび成人看護学演習を修得していなければならない。(School Lifeより抜粋)
授業外学習(予習・復習)等 欠席・遅刻・早退は評価の対象とします。
当該領域の解剖学・生理学や病態生理・検査・治療について学習しておくこと。
成人看護学の講義内容を十分復習しておくこと。
教科書 成人看護学系の授業・演習で用いたもの全てを使用する。
実務経験のある教員による授業 分類:

学外での実習等を授業として位置付けている授業科目
PAGE TOP