7446001 地理学(演習IA)

科目ナンバリング U-LET31 37446 SJ39 開講年度・開講期 2021 ・ 前期
単位数 2 単位 授業形態 演習
配当学年 対象学生
使用言語 日本語 曜時限 水3
教員 杉浦 和子 (文学研究科 教授)
水野 一晴 (文学研究科 教授)
米家 泰作 (文学研究科 教授)
授業の概要・目的 地理学の様々な領域に関する基礎的研究方法や諸概念、最新の研究課題などについて理解を深めながら、受講生が自らの研究関心を明確にし、卒業研究へと結びつけてゆくことを目指す。
到達目標 到達目標は次の3点である:(1)地理学の研究動向を把握し、先行研究の内容を的確に理解し、批判的に読み込むことができること、(2)参加学生各自の関心にそったテーマでの研究課題を明確にし、卒業研究のテーマや対象地域を絞ること、(3)オリジナリティを追求できる力量や論文執筆に当たり考慮すべき論理、構成、表記等、研究を遂行する上で必要な力量を身に付けること。
授業計画と内容 地理学専修における基礎的研究方法を学ぶことを目的とする。受講生は、最初に人文地理学会編『地理学文献目録』の利用をはじめとする文献検索の方法を習得する。年度初めに決めた発表スケジュールにしたがい、受講生は、以下の要領で発表を行う。各自の関心にしたがって関連する文献を探し、問題意識を持って読み、不明箇所を調べ、内容をまとめてレジュメを作成し、発表する。発表後は、受講生全員で当該の発表内容に関する討議を行う。年間の演習スケジュールを調整し、全員参加で相互に議論を交わす場のほか、担当教員が各自の専門領域の紹介や個別指導を行う場とを設け、受講生に多様な分野での問題意識や研究方法、最新の議論に目を向ける機会を提供する。
第1回 イントロダクション
第2~14回 受講生による文献紹介と討議
第15回 2~14回までの演習のまとめとフィードバック、夏休み課題の説明
成績評価の方法・観点 演習への参加と発表に基づく平常点(80%)、課題提出(20%)を総合的に勘案して評価する。演習に出席して議論に参加することが大切であるので、欠席が多い場合には不合格とすることがある。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 演習発表のためのレジュメを用意すること。
参考書等 必要があれば、授業中に指示する。
PAGE TOP