6959002 西洋史学(講読)

科目ナンバリング U-LET26 26959 LJ36 開講年度・開講期 2021 ・ 後期
単位数 2 単位 授業形態 講読
配当学年 対象学生
使用言語 日本語 曜時限 水4
教員 村瀬 有司 (文学研究科 准教授)
授業の概要・目的  ルイージ・サルヴァトレッリのイタリア史の概説書“Sommario della storia d'Italia”から、第8章を精読します。
 イタリア人による歴史書は、日本人によって執筆されたものとは史観・価値観が異なるうえ、イタリア人の読者を想定したものであるためにこれを読むにあたって必要となる知識もまた異なります。このような原書の講読は、イタリア文化そのものにダイレクトに触れる機会を与えてくれるはずです。
 また著者サルヴァトレッリの文章はオーソドックスなイタリア語散文であり、これを精読することで伊語テクストの読解力を効率よく身につけることができます。この読解力の養成が授業の主要な目的となります。 
到達目標 ・イタリア語文献を自力で読み解くことができるようになること。
・イタリア史の基礎知識を習得すること。
授業計画と内容  以下の予定で授業を進めていきます。

初回(イントロダクション)
 授業の進め方、小テスト、評価方法について確認をします。あわせて後期の講読テクストについて簡単に説明をします。

2回~14回 (講読)
 文法の知識にしたがって正確にイタリア語を読み進めます。重要な文法事項についてはその都度確認をします。また専門用語や固有名詞については適宜補足説明をする予定です。

15回(フィードバック)
成績評価の方法・観点 小テストをもとに評価します。
履修要件 イタリア語文法を学んでいること。
授業外学習(予習・復習)等  予習がすべての授業です。原文にきちんと目を通し、単語の意味を調べるだけでなく書かれている内容を自分なりに理解することを心がけてください。授業終了後は、読み違えた箇所、文法知識の曖昧なところを見直しておきましょう。
教科書 プリント配布。
PAGE TOP