スポーツ実習IB [卓球]

科目ナンバリング U-LAS41 10002 PJ49 開講年度・開講期 2021 ・ 後期
単位数 1 単位 授業形態 実習
配当学年 全回生 対象学生 全学向
使用言語 日本語 曜時限 水1
教員 田中 励子 (非常勤講師)
授業の概要・目的  人生80年時代を迎え, 生涯の自由時間は三割を占めている。生活の質を高めるには,児童期から高齢期に至る各ライフステージの自由時間において,個人の年齢や体力に応じた運動やスポーツを継続して楽しむことが,ますます重要となってくる。
 そこで,卓球の特性を理解しながら,体を動かす喜びやゲームの楽しさを体験し,生涯を通じてスポーツに親しむ健康的なライルスタイルを自ら実践できる能力と継続的な運動習慣を身につける。同時に,集団行動の中でお互いが協力しながら課題に取り組むことができる自律的な姿勢を養う。
到達目標  心身ともに健康で豊かなスポーツライフを設計し,実践する能力を育成する。加えて,集団行動を通して今後の社会生活に必要なスキルを養う。
授業計画と内容  第1回にガイダンス(体育館メインフロアー)をおこない,受講上の注意点を説明する。
 授業内容として前半は,適切な運動をおこなうための知識と技能を修得することを目標とする。後半は,ゲームを中心に授業を行う。個人技術やゲームの戦術などスポーツ実践に必要な知識や技能を修得する。
 なお、ラケット等の道具を大学で用意する。運動に適した服装およびシューズは各自でそろえる。

第2回目~第4回目
 卓球に慣れる:ボールを使った遊びをおこなう・ラージボールを使って打つなど
 種目の理解:卓球の特性・歴史・技術体系・ルールなど
 練習計画:練習計画の作成(受講者同士で話し合う)
 基本的技術の練習 
第5回目~第9回目 
 基本的技術のドリル:フォアとバックの練習,サーブの工夫
 応用的技術の理解と練習:ワンランク上の打ち方
               (ドライブ・スマッシュ・カット,ツッツキなど)
 応用的技術の練習:回転をかけにかけてみる・全身全霊で打ち込むなど遊び心をもって卓球を楽しむ 
 複合的技術の自由練習
第10回目~第14回目 
 ゲーム・パフォーマンス1~5
 まとめ
第15回目
 フィードバック
 
 
成績評価の方法・観点  出席状況を基礎として,授業への主体的な取り組みや意欲・態度から総合的に評価します。
 その際,経験に応じた習熟の向上を評価します。
履修要件  経験者のみならず,未経験者の履修を歓迎します。
授業外学習(予習・復習)等  授業を好機として週に3回程度の運動を楽しむ生活習慣を培うことを期待します。
 例えば,ラジオ体操・柔軟運動・自重を用いた筋トレ・ウォーキングなどをこころがけてください。
 また,テレビ放映や動画配信で卓球の試合を観戦してください。
参考書等  吉田南図書館に健康・スポーツ系科目の参考書籍を配架しています。
PAGE TOP