英語リーディング ER66 1A1

科目ナンバリング U-LAS20 10001 SB48 開講年度・開講期 2021 ・ 後期
単位数 2 単位 授業形態 演習(外国語)
配当学年 1回生 対象学生 全学向
使用言語 日本語 曜時限 金4
教員 三宅 あつ子 (非常勤講師)
授業の概要・目的 細胞生物学者、ブルース・リプトン博士のベストセラー、The Biology of Beliefを読み、英語のエッセイらしい独特の表現を学ぶ。遺伝子が私達の生体機能をコントロールしているのではなく、私達が持つ考え、信念がコントロールするという画期的で独特な視点を理解する。
学術的英文の正確で高度な理解に必要不可欠な語彙力と読解力を養成することを目的とする。
到達目標 毎回まとまった量の英語を読むことで読解のスピードと理解を高める。
アクティブ・ブック・ダイアログの手法で、40ページを読み輪読の経験をする。
授業計画と内容 毎回、発表者4人が4ページの課題部分を担当して、要約、キーポイント、質問などのレジメを作り発表する。
疑問点を毎回、6人ずつPandAのフォーラムに投稿しておく。
4人ずつのグループで疑問点とディスカッションテーマについてまとめる。
授業の最後に毎回小テストをする。

第1回 授業のガイダンス
第2回 発表のデモンストレーション:Introduction
第3回~第6回 Chapter 1: Lessons from the Petri Dish
第7回 Active Book Dialogue (Discussion)
第8回~第11回 Chapter 6: Growth and Protection
第12回~第14回 Chapter 7: Conscious Parenting
第15回 定期試験
第16回 フィードバック
成績評価の方法・観点 5回以上欠席した場合は成績評価の対象としない。
定期試験(40%)発表(20%)小テスト・課題(30%)
平常点(参加度)(10%)を総合評価する。
履修要件 「全学共通科目履修の手引き」を参照してください。
授業外学習(予習・復習)等 毎回課される宿題を必ず読み、理解できなかった部分を把握しておく。
発表に当たった場合は、早めにレジメをPandAに提出すること。
疑問点担当者は前日までにフォーラムに投稿すること。
詳細は授業第一回目に説明する。
教科書 The Biology of Belief, Bruce H. Lipton, (Hay House), ISBN:978-1-4019-5247-1
PAGE TOP