外国文献研究(経・英)B-E1

科目ナンバリング U-LAS03 10009 SB48 開講年度・開講期 2021 ・ 後期
単位数 2 単位 授業形態 演習
配当学年 2回生以上 対象学生 全学向
使用言語 日本語 曜時限 火2
教員 山田 憲 (経済学研究科 教授)
授業の概要・目的 本講義では、学術研究と世間一般の知識の隔たりを埋めるために公刊されている Microeconomic Insights に掲載された学術論文の要約記事を読むことを通じて、世間から注目されている(あるいは注目されるべき)ミクロ経済学的な諸問題を伝える質の高い研究を紹介する。その目的は、第一に、経済学の最近の知見に触れること、第二に、経済学を英語で学習することに慣れることである。
到達目標 本講義を首尾よく修了した学生は、講義で取り上げた話題に関する最近の知見を説明することができ、今後は多少なりとも英文の資料を経済学の学習に役立てることができるはずである。
授業計画と内容 今年度は労働市場と家族などに関わる研究成果を学ぶ。第一週から第十四週までに取り上げる話題の例は次のとおりである: (1)男女間格差、(2)生活保護改革、(3)仕事に関わる子育て負担、(4)離婚法と労働参加、(5)結婚と格差、(6)技術革新と生産性、(7)法人税削減と労働市場、(8)貿易自由化と雇用。第一週は教員が論文を解説するが、第二週以降は学生が集団別に報告しながら授業を進める。第十五週にはフィードバックがある。
成績評価の方法・観点 授業参加、報告(60%)、課題提出(40%)によって評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 講義の前には、論文を読んで報告の準備をする。講義の後には、課題の提出に向けた準備をする。
参考書等 関連URLを参照せよ。
関連URL https://microeconomicinsights.org/
PAGE TOP