ILASセミナー :イノベーションと経済社会

科目ナンバリング U-LAS70 10001 SJ50 開講年度・開講期 2021 ・ 前期
単位数 2 単位 授業形態 ゼミナール
配当学年 主として1回生 対象学生 全学向
使用言語 日本語 曜時限 木5
教員 木谷 哲夫 (産官学連携本部 特定教授)
授業の概要・目的 このゼミでは、技術経営、経済学、社会思想という枠にこだわらず、視野を広く取ってイノベーションに関する問題意識の発掘に努めます。

社会の制度や組織の革新といった非技術的な革新も含む広義のイノベーションの概念や、その意義、あるいはイノベーションと経済・社会との関係、イノベーションを生み出す経済や社会の諸条件についても考えを深めます。

イノベーションのあり方は国や地域によって大きく異なります。イノベーションを支える社会思想や制度はどのようなものなのでしょうか?あるいは、どのような人たちがイノベーションの担い手となっているのでしょうか?イノベーションに関する書物の輪読、および身近な対象に対する調査を通じ、イノベーションの概念を用いて現代社会を再考してみます。イノベーターの視点から見ることによって何が違ってくるのかについても考えてみたい。

到達目標 1.「イノベーション」とはどのような概念なのか理解する。
2.イノベーションと経済・社会の連関について考えを深める。
3.イノベーターの視点から社会を見るとはどのようなことであるのか理解する。
授業計画と内容 イノベーションに関連する書物を輪読する。必ずしも技術経営、経済学、社会思想という枠にこだわらず、イノベーションにかかわる書物を通じ、視野を広く取って問題意識の発掘に努める。

下のような課題について、それぞれ4週程度の輪読をする予定である。担当箇所についての担当の参加者による報告のあと、参加者全体で、書物を基にした質疑応答を行う。
1.イノベーションを支える思想
2.イノベーションと国家・地域
3.イノベーションのエコシステム

本年度については、このシラバスで教科書として指定する2冊の書物を輪読する。なお、輪読の進行具合に応じて別途指定する3冊目を追加する、もしくは簡易なフィールド調査を課すことがある。

授業回数はフィードバックを含め全15回とする
成績評価の方法・観点 ○平常点(50%)
 8割以上の出席を求めます。
 質問や討論など、授業への積極的な参加を求めます。

○発表(50%)
 輪読の際に担当部分の要約および感想・疑問点についての発表(各人2~3回)
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 各回の演習の前には、その回でカバーする書物のページ(事前に指定します)を全て読了の上、不明点や質問事項を明確にしておくこと。
教科書 キャズム Ver.2 増補改訂版, ムーア, (翔泳社、2014), ISBN:978-4798137797
両利きの経営, オライリー他, (東洋経済新報社、2020), ISBN:978-4492534083
その他の書籍は授業中に指示する
参考書等 ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム, クリステンセン他, (ハーパーコリンズジャパン、2017), ISBN:978-4596551221
別途プリントを配布することがある。
PAGE TOP