朝鮮語IIB(演習) K2251

科目ナンバリング U-LAS27 20004 SJ48 開講年度・開講期 2021 ・ 後期
単位数 2 単位 授業形態 演習(外国語)
配当学年 2回生以上 対象学生 全学向
使用言語 日本語 曜時限 金4
教員 小倉 紀蔵 (人間・環境学研究科 教授)
授業の概要・目的 この授業は、朝鮮語の基礎的文法を習得した学生を対象に、朝鮮語の文献講読をする。中級レベルの文法、語彙を習得し、かつ正確な発音を身につけることを目的とする。
【注意】本学で「朝鮮語」というのは、朝鮮半島すなわち韓国(大韓民国)と北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)で使用されている言語のことである。この両国で使用されている言語には若干の相違が認められるが、大差はない。なお、特に韓国で使用されている言語を指すときには「韓国語」という呼称を用いる。
到達目標 ①かなり高度な文章を読むことができるようになる。②中級レベルの文法、語彙を習得する。③正確な発音を身につける。
授業計画と内容 朝鮮語による文献(小説、随筆、時事的なコラムなど)を熟読し、翻訳する。
内容に関しては、朝鮮半島の歴史や文化の理解に資するもの、現代の韓国社会や北朝鮮社会の動向がわかるもの、日韓関係に関するもののなかから選ぶ。
◆スケジュール
第01回  イントロダクション
第02回~第14回  講読作業
第15回  定期試験
第16回  フィードバック
成績評価の方法・観点 成績は平常点および定期試験により評価する。成績評価基準の詳細については、授業中に説明する。
履修要件 「全学共通科目履修の手引き」を参照してください。
授業外学習(予習・復習)等 朝鮮語の文章を単に訳すだけでなく、その内容に関して自分の見解を持つ。
教科書 プリントを配布する。
PAGE TOP