精神分析学

科目ナンバリング U-LAS04 10009 LJ46 開講年度・開講期 2021 ・ 前期
単位数 2 単位 授業形態 講義
配当学年 全回生 対象学生 全学向
使用言語 日本語 曜時限 金4
教員 松本 卓也 (人間・環境学研究科 准教授)
授業の概要・目的 ジークムント・フロイトとジャック・ラカン、およびその他の精神分析理論を概観し、精神分析による無意識や人間の人格および感情についての捉え方を学ぶ。
到達目標 精神分析が始まった学問的・医学的な歴史的経緯と、その思想的内容の変遷を把握し、無意識や人間の人格および感情についての心理学的な知識を得る。
授業計画と内容 基本的に以下のプランに従って講義を進める。ただし講義の進みぐあい、時事問題への言及などに対応して順序や同一テーマの回数を変えることがある。

第1回 精神分析学とは何か
第2回 フロイトの精神分析理論(1)
第3回 フロイトの精神分析理論(2)
第4回 フロイトの精神分析理論(3)
第5回 フロイトの精神分析理論(4)
第6回 その他の精神分析理論(1)
第7回 その他の精神分析理論(2) 
第8回 前期ラカンの精神分析理論(1)
第9回 前期ラカンの精神分析理論(2)
第10回 中期ラカンの精神分析理論(1)
第11回 中期ラカンの精神分析理論(2)
第12回 後期ラカンの精神分析理論(1)
第13回 後期ラカンの精神分析理論(2)
第14回 まとめ
第15回 期末試験

フィードバック方法は別途連絡します。

オンラインで実施する場合は、履修学生による課題提出と教員による応答を中心に、テキストを用いながらオンデマンド形式で双方向的に行う予定である。
成績評価の方法・観点 対面授業の場合は、期末試験(100%)による。
オンライン授業の場合は、毎週の課題提出(100%)による。
ただし、登録人数や授業形態等に応じて、成績評価の方法を変更することがある。講義時間中ならびに掲示による通知に注意してください。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 予習・復習として、テキストと参考書の読書。復習として、授業中に示した参照頁と自分自身のノートの内容を照らし合わせて理解を深めること。
なお、授業外学修には、いわゆる「予習・復習」だけでなく、授業のなかで学んだことを各自の自習や日常や課外活動のなかで応用・実践し、生きた知識にすることも含まれる。
教科書 人はみな妄想する――ジャック・ラカンと鑑別診断の思想, 松本卓也, (青土社, 2015), ISBN:978-4791768585
参考書等 現代思想の冒険者たちSelect 鏡像段階 ラカン, 福原泰平 , (講談社, 2005), ISBN:978-4062743570
実務経験のある教員による授業 分類:

実務経験のある教員による実務経験を活かした授業科目

当該授業科目に関連した実務経験の内容:

精神科医師・公認心理師としての様々な領域での臨床実務経験

実務経験を活かした実践的な授業の内容:

精神科医師・公認心理師としての様々な領域での臨床実務経験にもとづいて、精神分析学の知識を教授する。
PAGE TOP