基礎演習:ジェンダー論

科目ナンバリング U-HUM11 11184 SJ47
U-HUM11 11184 SJ32
開講年度・開講期 2021 ・ 前期
単位数 2 単位 授業形態 ゼミナール
配当学年 1-4回生 対象学生
使用言語 日本語 曜時限 水5
教員 石岡 学 (人間・環境学研究科 准教授)
授業の概要・目的  この授業では、ジェンダーに関する基礎的な知識を獲得し、ジェンダーに関わる諸問題への理解を深めることを目指す。受講生の報告とそれに基づく討論をメインとする形式で行うことで、報告や討論の技術をみがくことも目標とする。
到達目標  ジェンダーに関する幅広い知識を獲得するとともに、ジェンダーに関する諸問題について考察する能力を養う。確かな根拠に基づき、ロジカルに自身の主張を発表し、議論を深めていくための技術を身につける。
授業計画と内容  この授業では、ジェンダー論の導入向けの教科書を読み進めていくことで、ジェンダーの視点にたって社会事象をみるということがどういうことなのか、その基本認識の形成に努める。

第1回:イントロダクション
 授業のねらいを説明し、第2回以降の授業の進め方を周知する。出席者の担当部分を割り当てる。

第2~14回:教科書の輪読
 下記に指定する教科書を輪読していく。各自の割り当てられた章の内容をまとめ、疑問点・論点を提出する報告に基づき、受講者全員で議論をする。教科書は全13章で構成されているので、1回につき1章ずつ読み進めていく予定である。

第15回:フィードバック(方法は別途連絡する)
成績評価の方法・観点  平常点は、発表担当時の発表内容(20点)と、授業時の討論への参加状況(30点)を総合して評価する。また、学期末には授業全体を通しての報告・議論をふまえたレポートを課し、これを評価する(50点)。
 なお、3分の2以上の出席がなければ、いかなる理由があっても単位を認めない。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等  担当部分の報告にあたっては、単に教科書をまとめるだけでなく、必要に応じて他の文献や資料も調査・参照したうえでレジュメを作成すること。報告者以外も、必ず次回授業で扱う章を予習して授業に出席すること。
 
教科書 はじめてのジェンダー論, 加藤秀一, (有斐閣、2017年), ISBN:978-4641150393
PAGE TOP