日本古典講読論I

科目ナンバリング U-HUM32 24332 LJ36 開講年度・開講期 2021 ・ 前期
単位数 2 単位 授業形態 講義
配当学年 2-4回生 対象学生
使用言語 日本語 曜時限 火3
教員 長谷川 千尋 (人間・環境学研究科 准教授)
授業の概要・目的 「源氏見ざる歌詠みは遺恨の事也」とは藤原俊成の言葉であるが、歌人や連歌師は、『源氏物語』のどのような言葉・場面に魅力を感じ、その詩想を養ったのであろうか。このような観点から、文安六年(1446)、祐倫の手になる『山頂湖面抄』という源氏物語梗概書を読む。併せて『源氏物語』本文や、それを享受した作例にも触れ、巻ごとに源氏絵を参照する。
到達目標 ・講義中に取り扱った『源氏物語』本文、及びその梗概書や享受作品の内容を理解し、説明できる。
・歌人・連歌師による『源氏物語』享受の特色を理解し、説明できる。
授業計画と内容 1.『山頂湖面抄』概説・桐壺
2.桐壺・帚木
3.空蝉・夕顔
4.若紫・末摘花
5.紅葉賀・花宴
6.葵・賢木
7.花散里・須磨
8.明石・澪標
9.蓬生・関屋
10.絵合・松風
11.薄雲・朝顔
12.少女・玉鬘
13.初音・胡蝶
14.まとめ
〈学期末試験〉
15.フィードバック
成績評価の方法・観点 定期試験(筆記)により、到達目標の達成度を評価する。

到達目標について
 A+:すべての観点においてきわめて高い水準で目標を達成している。
 A :すべての観点において高い水準で目標を達成している。
 B :すべての観点において目標を達成している。
 C :大半の観点において学修の効果が認められ、目標をある程度達成している。
 D :目標をある程度達成しているが、更なる努力が求められる。
 F :学修の効果が認められず、目標を達成したとは言い難い。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 授業前に『源氏物語』の当該巻を通読しておくとよい。
講義内容の復習。
教科書 プリント配布。
PAGE TOP