物質反応論

科目ナンバリング U-HUM50 29134 LJ60 開講年度・開講期 2021 ・ 前期
単位数 2 単位 授業形態 講義
配当学年 2-4回生 対象学生
使用言語 日本語 曜時限 火2
教員 梶井 克純 (地球環境学舎 教授)
授業の概要・目的 化学結合論、構造化学および化学反応論について講義する。これらの応用として大気化学を扱い、化学基礎理論の理解を深める。
到達目標 シュレディンガーの波動方程式について理解する。簡単な例として、井戸型ポテンシャル、バネの振動および水素原子について理解する。単純な分子(等核2原子分子)の分子軌道について理解する。結合次数の概念を導入し、結合距離について理解する。素反応の速度式と、化学物質の時間変化を理解する。大気中のオゾンの生成機構について理解する。
授業計画と内容 以下に示す項目について講義する。
1 量子化学の基礎(2回)
2 水素原子(2回)
3 水素分子と等核2原子分子(2回)
4 化学結合論(2回)
5 分子構造(2回)
6 反応速度論(3回)
7 大気化学(2回)
成績評価の方法・観点 レポート(10%)、試験(70%)及び出席(20%)点により評価する。 詳細は授業で説明する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 各授業の最後に復習を促す課題を提出し、授業の理解度を深めるよう努める。
教科書 特に指定なし。
参考書等 特に指定なし。
PAGE TOP