環境地球科学IB

科目ナンバリング G-SCI31 65045 LJ58 開講年度・開講期 2022 ・ 後期
単位数 2 単位 授業形態 講義
配当学年 修士 対象学生
使用言語 日本語 曜時限
教員 王 功輝 (防災研究所 教授)
山崎 新太郎 (防災研究所 准教授)
授業の概要・目的 斜面崩壊や地すべりなどの土砂移動現象の発生・運動機構,およびその予測について議論する.土質力学実験,斜面動態観測,および物理探査などを実施し,これらの解析結果を通じて地盤の物理特性を理解すると共に,土砂災害の予測と災害軽減に関する基礎知識を身につける.
到達目標 (1)斜面土層のせん断強度特性と斜面変動の関係を理解できるようにする.
(2)斜面土層の物性に関する調査手法を習得し,調査手法の精度および適用性を正しく理解できるようにする.
(3)斜面土層の物性を考慮した崩土の移動範囲予測の精度を正しく理解できるようにする.
授業計画と内容 1.序論(1回):斜面変動現象概論(王)
2.土層力学特性と斜面変動現象の関係(王)
3.地すべりに関する現地観測(王・山崎)
4.降雨による地すべりに関する再現実験(王)
5.地震による地すべりに関する再現実験(王)
6.高精度表面波探査による地盤調査:京大宇治グラウンド(王・山崎)
7.高密度電気探査による地盤特性調査:京大宇治グラウンド(王)
8.地すべり運動数値シミュレーション (王)
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 講義内容に関連する資料に沿って授業を実施することもあるので,事前に配布する資料内容について予習,および復習を十分に行うこと.
参考書等 Landslides: Investigation and Mitigation, Turner and Schuster (eds)
PAGE TOP