地震学特論III:信号処理

科目ナンバリング G-SCI31 65253 LJ58 開講年度・開講期 2021 ・ 後期
単位数 2 単位 授業形態 講義
配当学年 修士 対象学生
使用言語 日本語 曜時限
教員 大見 士朗 (防災研究所 准教授)
宮澤 理稔 (防災研究所 准教授)
授業の概要・目的 地震観測網で観測データを取得・解析する過程で必要なデータ処理手法,さらには得られた地震記象から種々の震源パラメタ等を推定する過程で必要となる,基本的な信号処理手法等について述べる。また,これらの信号処理を利用した一次的解析方法を,地震学における最近の研究例を交えて紹介する。
到達目標 地震波形データ処理の基本を理解し、データを研究に使用できる形態にするための基本的な処理を自力で行えるようにする。
授業計画と内容 授業計画
第1回:イントロダクション(大見)
第2回:伝達関数と系の安定性1(大見)
第3回:伝達関数と系の安定性2(大見)
第4回:地震計の応答(大見)
第5回:アナログフィルタ(大見)
第6回:デジタルフィルタ(大見)
第7回:現在の地震観測網について(大見)
第8回:積分変換(宮澤)
第9回:ヒルベルト変換(宮澤)
第10回:エンベロープ波形(宮澤)
第11回:畳み込み積分(宮澤)
第12回:相互相関関数(宮澤)
第13回:地震波干渉法1(宮澤)
第14回:地震波干渉法2(宮澤)
第15回:停留位相近似(宮澤)
定期試験は実施しない。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 授業の後,実際の地震波形データを用いて,授業内容に関する実習を行ってみることが望ましい.
PAGE TOP