宇宙放射学ゼミナールIIA (X線)

科目ナンバリング G-SCI22 53100 SJ57 開講年度・開講期 2021 ・ 前期
単位数 2 単位 授業形態 ゼミナール
配当学年 修士 対象学生
使用言語 日本語 曜時限
教員 鶴 剛 (国際高等教育院 教授)
授業の概要・目的 修士論文の基礎になる論文や専門書を指定して輪読形式で学生各自の担当部分を発表してもらう。
到達目標 宇宙高エネルギー現象に関連する物理過程の基礎を理解する。また、データ解析に必要となる統計学や計算機に関する基礎的知識を身につける。
授業計画と内容 前期時に学生と協議して、輪読する専門書を指定し、以下の点に留意しながら各自の担当する箇所の発表を行う。

1. 単なる要約や翻訳ではなく、内容を自分の言葉で整理する。
2. 関係する論文などを参照しながら、内容をより発展させる。
3. 上記に留意しながらスライド等を用いて発表を行う。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 Rybicki & Lightmanなどの放射過程に関する教科書を読む。
Bevington & Robinsonにあるような統計学の基礎的事項の学習。
CやC++などプログラム言語の学習。
教科書 随時紹介する。
参考書等 随時紹介する。
PAGE TOP