測地学・地殻変動論B

科目ナンバリング G-SCI31 65223 LJ58 開講年度・開講期 2021 ・ 後期
単位数 2 単位 授業形態 講義
配当学年 修士 対象学生
使用言語 日本語 曜時限
教員 橋本 学 (防災研究所 教授)
深畑 幸俊 (防災研究所 准教授)
西村 卓也 (防災研究所 准教授)
授業の概要・目的 現代の測地観測技術により得られた地殻変動を概観し,プレートテクトニクスの枠組みの中で現象の生起過程を理解することを目的とする。合わせて、地殻変動を検出する観測技術およびディスロケーションモデル等基礎的な理論の概説も行う。
到達目標 様々な地殻変動の形態と,これらがプレートテクトニクスの枠組みの中で生じるメカニズムを理解することを目的とする。
授業計画と内容 第1回 弾性論の基礎と運動方程式の解(橋本)
第2回 食い違いの弾性論、等価体積力・モーメントテンソル(橋本)
第3回 観測手法(SAR)(橋本)
第4回 地球の内部の状態(深畑)
第5回 プレートテクトニクス(深畑)
第6回 島弧海溝系(深畑)
第7回 日本列島の大局的変形運動(深畑)
第8回 観測手法(GNSS)(西村)
第9回 地震とスロースリップによる変動(西村)
第10回 地震とスロースリップによる変動(続)(西村)
第11回 バックスリップ・モデル(西村)
第12回 バックスリップ・モデルの適用例(西村)
第13回 余効変動(西村)
第14回 火山性地殻変動(西村)
履修要件 大学卒業レベルの数学,物理学の基礎を有すること.
授業外学習(予習・復習)等 学部における弾性論の復習
講義で紹介する論文等の復習
適切なソフトウェアを用いて、ディスロケーションモデルなどを使った地殻変動計算を試みる。
教科書 授業中にプリント等を配布することがある。
参考書等 Earthquake and Volcano Deformation, Paul Segall, (Princeton University Press), ISBN:978-0-691-13302-7
Quantitative Seismology, K. Aki and P. Richards, (University Science Books), ISBN:0-935702-96-2
The Mechanics of Earthquake and Faulting, Christopher Scholz, (Cambridge), ISBN:0-521-65540-4
Geodynamics, D.L. Turcotte and G. Schubert, (Cambrigde), ISBN:0-521-66624-4
PAGE TOP