臨床薬学実習II

科目ナンバリング G-PHA10 76302 PJ86 開講年度・開講期 2021 ・ 通年不定
単位数 1 単位 授業形態 実習
配当学年 博士2回生 対象学生
使用言語 日本語 曜時限
教員 寺田 智祐 (附属病院 教授)
米澤 淳 (薬学研究科 准教授)
中川 貴之 (附属病院 准教授)
今井 哲司 (附属病院 講師)
中川 俊作 (附属病院 助教)
糸原 光太郎 (附属病院 助教)
授業の概要・目的 (目的)臨床薬学に関連する基本的な考え方、および学習方法の立案能力や指導法の習得をめざす。
(概要)薬学部学生に対する医療実務事前学習および病院実務実習において、学習内容の立案と計画、事前学習開始前の予習、事前学習および病院実務実習時の学部学生の指導を行う。
到達目標 1.学部学生が医療実務事前学習を効果的に行えるように指導することができる。
2.学部学生が病院実務実習を効果的に行えるようにするために指導することができる。
授業計画と内容 1~15:以下の実習を行う。
医療実務事前学習
・医療実務事前学習の立案と計画
・医療実務事前学習における指導
・医療実務事前学習のまとめ

病院実務実習
・病院実務学習の立案と計画
・病院実務学習における指導
・病院実務学習のまとめ
成績評価の方法・観点 医療実務事前学習、病院実務実習への出席、学習内容の立案と計画、学習の指導などの状況や適切さをみて総合的に評価する。
履修要件 薬剤師免許を取得していることが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等 実習内容について事前に予習しておくこと。
教科書 実習テキスト
参考書等 必要に応じてプリントを配布する。
PAGE TOP