薬学研究概論

科目ナンバリング G-PHA10 56002 LJ86 開講年度・開講期 2021 ・ 前期不定
単位数 2 単位 授業形態 講義
配当学年 博士1-4回生 対象学生
使用言語 日本語 曜時限 未定
教員 小野 正博 (薬学研究科 教授)
高倉 喜信 (薬学研究科 教授)
金子 周司 (薬学研究科 教授)
掛谷 秀昭 (薬学研究科 教授)
加藤 博章 (薬学研究科 教授)
二木 史朗 (化学研究所 教授)
授業の概要・目的 (目的)薬学研究に関する導入講義。薬学研究の現状と展望について理解するとともに、医薬品化学、物理化学、生物化学の各分野の研究の概要と展望について把握する。
(概要)医薬品化学、物理化学、生物化学などに関する研究の内容と問題点などについて概説し、薬学研究に不可欠な知識を習得する。各分野の教員や、必要に応じて外部の非常勤講師が講義を行う。
到達目標 ・薬学研究に関する最新の情報を幅広く学び、基本的知識を身につける。
・課題(レポート)に対して自主的、継続的に取り組む能力を養う。
授業計画と内容 第1回・第2回 臨床薬学を支える薬学研究の現状と展望(小野)
第3回 大学院における医薬品化学領域の研究の現状(高倉)
第4回 大学院における医薬品化学領域の研究の展望(高倉)
第5回 薬学研究における医薬品化学の位置づけの概要(高倉)
第6回 薬学研究における医薬品化学の位置づけの詳細解説(高倉)
第7回 大学院における物理化学領域の研究の現状(小野)
第8回 大学院における物理化学領域の研究の展望(小野)
第9回 薬学研究における物理化学の位置づけの概要(小野)
第10回 薬学研究における物理化学の位置づけの詳細解説(小野)
第11回 大学院における生物化学領域の研究の現状(金子)
第12回 大学院における生物化学領域の研究の展望(金子)
第13回 薬学研究における生物化学の位置づけの概要(金子)
第14回 薬学研究における生物化学の位置づけの詳細解説(金子)
第15回 総合討論(高倉・小野・金子)
成績評価の方法・観点 講義への出席状況、講義内容をもとに課す課題に対するレポートなどを総合的に評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 事前に各回の講義テーマについて基本事項をインターネット等により調べ授業に臨むこと。また、授業内容に関するレポートが課され、これに基づいて成績評価がなされるので注意すること
教科書 プリントを配布する。
参考書等 講義内容に応じて指定する場合がある。
PAGE TOP