基盤物理化学実験技術

科目ナンバリング G-PHA01 51206 LJ86 開講年度・開講期 2021 ・ 前期不定
単位数 2 単位 授業形態 講義
配当学年 修士1回生 対象学生
使用言語 日本語 曜時限 集中
教員 松崎 勝巳 (薬学研究科 教授)
加藤 博章 (薬学研究科 教授)
石濱 泰 (薬学研究科 教授)
小野 正博 (薬学研究科 教授)
星野 大 (薬学研究科 准教授)
杉山 直幸 (薬学研究科 准教授)
授業の概要・目的 (目的)物理系薬学実験の基本となる熱力学、構造生物学、速度論などの分野に関して、研究遂行に必要な基盤実験技術を身につけるとともに、安全な実験操作を行うための知識と技術の習得をめざす。

(概要)生物化学実験の基本となる構造生物学、生物物理化学、臨床分析化学、分光学、界面科学、分子構造学、放射化学などに関して、講義と実習を組み合わせて教育を行う。
到達目標 物理系薬学実験の基本手技を安全確実に行うことを習得する。
授業計画と内容 第1回 導入講義
第2回 化合物の取扱技術と安全な取扱い
第3回 微生物の取扱技術と安全な取扱い
第4回 動物の取扱技術と安全な取扱い
第5回 組換えDNAの実験技術と安全な取扱い
第6回 放射性同位元素の取扱技術と安全な取扱い
第7回 X線の安全な取扱い
第8回 インターネットやデータベースの活用技術
第9回 廃棄物や排水の処理法と環境配慮
第10回 構造生物学・分子構造学実験技術の概要
第11回 生体コロイド科学・界面科学実験技術の概要
第12回 生物物理化学実験技術の概要
第13回 臨床分析化学・放射化学実験技術の概要
第14回 分光学実験技術の概要
第15回 補講と総合討論
成績評価の方法・観点 講義や実習への出席状況、課題に対するレポートなどを総合的に評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 不明な点は、関連書籍を調査し、理解しておくこと。
教科書 必要に応じてプリントを配布する。
参考書等 講義内容に応じて指定する場合がある。
PAGE TOP