臨床認知神経科学特講

科目ナンバリング G-MED30 7D607 LJ30
G-MED30 7D607 LJ25
開講年度・開講期 2021 ・ 通年
単位数 4 単位 授業形態 講義
配当学年 博士1回生 対象学生
使用言語 日本語 曜時限
教員 十一 元三 (医学研究科 教授)
梁 楠 (医学研究科 准教授)
授業の概要・目的 最先端の脳・神経機能診断と連携した生活機能解明を目的として、脳損傷、精神・神経疾患、発達障害などの病態、さらには生活における行動・行為・動作に関する認知機能に対するリハビリテーション介入の作用機構及びその研究手法について理解する。
到達目標 運動・感覚・認知・記憶・情動や睡眠・覚醒と関連する脳機能についての基本的知識を習得し、さらには最新の関連文献等を講読・要約することにより、脳機能改善効果を導くためにどのようなリハビリテーション介入を実施するべきかを講義・討論できる。
授業計画と内容 第1回~第15回 精神疾患,発達障害にみられる臨床所見や認知障害をもたらす中枢神経系の病態について学ぶ。【十一】
第16回~第30回 神経科学の基礎知識,運動機能障害および身体機能障害などにみられる作業療法臨床所見とその中枢神経系の病態について学ぶ。【梁】
成績評価の方法・観点 出席状況、授業への積極的関与等により総合的に評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 事前に提示された文献等を読み、関連事項を調べる。
PAGE TOP