文献評価法

科目ナンバリング P-PUB01 8H094 LB90 開講年度・開講期 2021 ・ 前期集中
単位数 1 単位 授業形態 講義
配当学年 専門職 対象学生
使用言語 日本語及び英語 曜時限 集中
前期後半:月4
教員 中山 健夫 (医学研究科 教授)
高橋 由光 (医学研究科 准教授)
野口 善令 (非常勤講師)
四方 哲 (非常勤講師)
田中 優 (非常勤講師)
石崎 達郎 (非常勤講師)
佐々木 八十子 (非常勤講師)
授業の概要・目的 ・臨床研究を含む社会健康医学(パブリックヘルス)領域において、基本的なスキルの1つである文献の評価方法について講義を行います。
・疫学・EBM(根拠に基づく医療)の知識をもとに、各種の健康・医療情報を検索し、適切に評価した上で利用する方法を学習します。

教育・学習方法
・パワーポイントスライドによる講義と実習
・一部グループワークあり
到達目標 得られた文献・情報を批判的に吟味し、主体的に活用する能力を習得する。
授業計画と内容 オンライン講義・実習を予定しています。
パソコンおよびインターネットアクセス環境の準備をよろしくお願いします。
第1回 4月12日オリエンテーション(中山・高橋)
第2回 6月14日CASPによる臨床試験論文の評価(中山)
第3回 6月21日ケースを用いたバイアスの評価(1)(石崎)
第4回 6月28日ケースを用いたバイアスの評価(2)(石崎)
第5回 7月5日 コクラン・レビューを通して(田中・中山・佐々木)
第6回 7月12日CASPによるメタアナリシス論文の評価(中山)
第7回 7月19日AGREE法による診療ガイドラインの評価 (中山)
第8回 7月26日(14時45分~16時45分)メタアナリシスセミナー(野口・四方・中山)
成績評価の方法・観点 毎回の小レポート(30%)および課題レポート提出(70%)
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 予習より復習に時間を取ること
教科書 講義資料は配布
参考書等 臨床研究と疫学研究のための国際ルール集, 中山健夫,津谷喜一郎編著, (ライフサイエンス出版)
PAGE TOP