6831011西南アジア史学(特殊講義)

科目ナンバリング G-LET25 66831 LJ38 開講年度・開講期 2021 ・ 後期
単位数 2 単位 授業形態 特殊講義
配当学年 対象学生
使用言語 日本語 曜時限 月4
教員 磯貝 健一 (文学研究科 教授)
授業の概要・目的 19世紀から20世紀初頭の中央アジアで作成された法廷文書を史料として、シャリーア法廷裁判のながれ、係争内容について具体的に説明する。

This course aims to explain concretely about the process of shari`a court trial and the typical cases settled there by using Central Asian court documents either issued by or submitted to the judges (qadis) during the second half of the 19th and the early 20th centuries.
到達目標 ・シャリーア(イスラーム法)法廷文書の史料としての特性を理解し、自身の研究に活かすことができる。
・史料から歴史的事実を引き出す技術を習得し、自身の研究に活かすことができる。

Upon the successful completion of this course, students will:
(1) have an adequate knowledge about specific characteristics inherent to Central Asian sharia court documents.
(2) gain skills to deduct reliable facts from historical sources.
授業計画と内容 第1回 授業ガイダンス、時代背景の説明
第2回 ロシア帝政期中央アジアの司法制度概説
第3回 シャリーア法廷の業務とこれを運営する人々:カーディー、ムフティー、書記
第4回~第5回 イスラーム法における裁判
第6回~第8回 裁判文書:訴状、判決文、ファトワー、タズキラ
第9回~第14回 係争の具体的内容
第15回 授業内容のまとめ、および、授業で扱ったトピックについての討議

Week 1: Giving a brief sketch of Central Asian history during the 19th and early 20th centuries
Week 2: Explaining legal systems of Central Asia under the domination of Russian Empire
Weeks 3: Qadis, Muftis, scribes: Who ran Central Asian shari`a court?
Weeks 4-5: The trial within the framework of Islamic law
Weeks 6-8: The court documents concerning trials: Mahdar (complaint), Hukm (judgment), Fatwa (legal opinion issued by Muftis), Tadhkira (record of proceedings of a trial)
Weeks 9-14: The examples of typical cases handled and settled in Central Asian shari`a courts
Week 15: Feedback and Discussion
成績評価の方法・観点 授業への取組(50%)、期末レポート(50%)により評価する。

Participation in class (50%)
Final report (50%)
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 必ず前回の内容を復習したうえで授業に臨むこと。

Students will be required to review class notes before attending each lesson.
教科書 必要な資料をPDF化し、Web上で共有する。

Handouts will be shared through Google Drive.
PAGE TOP