5236002西洋哲学史(特殊講義)

科目ナンバリング G-LET04 65236 LJ34 開講年度・開講期 2021 ・ 前期
単位数 2 単位 授業形態 特殊講義
配当学年 対象学生
使用言語 日本語 曜時限 木2
教員 大河内 泰樹 (文学研究科 教授)
授業の概要・目的 この授業では、講義担当者の翻訳にもとづいて、ヘーゲルの『精神の現象学』(1807)について講義する。扱うのは「理性章」BおよびCである。理性章では、自己意識章を通じて獲得された「一切の実在性である」という意識の確信から、意識章からの対象認識と自己意識の実践とがより高次の立場で捉え返されている。B、C節では特に社会共同体への個人の実践的関与のあり方について記述しており、社会哲学的にも、また行為論的にも興味深い議論が展開されている。そのテキストの検討を通じて、個人と社会、および近代社会についてのヘーゲルの見解を検討していく。
到達目標 古典的テキストに取りくむことを通じて、テキスト研究としての哲学史研究の基本的な姿勢を身に付ける。
ヘーゲルの哲学的主張を理解した上で、それを関連する哲学史的・現代的問題の文脈において捉え返し、論じることができる。
授業計画と内容 第1回 ガイダンス
第2回 B.理性的自己意識の自分自身による実現
第3回 a. 快と必然性
第4回 b. 心の法則と自負の狂気
第5回 c.徳と世間
第6回 C. 自らにとって即かつ対自的に実在的な個体性
第7回 個体性
第8回 事そのもの
第9回 欺瞞
第10回 立法する理性
第11回 法を検証する理性
第12回 理性の到達点
第13回 行為論と道徳論
第14回 理性と精神
第15回 まとめ
成績評価の方法・観点 平常点とレポートにより評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 事前に、次回授業で検討するテキストを配布するので、自分で事前に検討しておくこと。
教科書 授業内で配布する。
参考書等 『精神現象学』の翻訳については大河内の訳を配布するが、以下の翻訳も手元に置いておくとよいだろう。
樫山欽四郎訳『精神現象学上/下』平凡社ライブラリー、1997年
熊野純彦訳『精神現象学上/下』ちくま学芸文庫、2018年
以下の翻訳は詳細な解説も含んでおり参考になる。
金子武蔵訳『ヘーゲル全集5 精神の現象学 上/下』岩波書店、1979年

また、『精神現象学』の概要について知りたい人には以下をお勧めする。
加藤尚武編『ヘーゲル「精神現象学」入門』講談社学術文庫、2012年
PAGE TOP