民事法特別演習A

科目ナンバリング G-LAW10 7B449 SJ41 開講年度・開講期 2021 ・ 前期
単位数 2 単位 授業形態 演習
配当学年 対象学生
使用言語 日本語 曜時限 水5
教員 潮見 佳男 (法学研究科 教授)
授業の概要・目的 公私協働論に関する基本文献に示された思考方向を比較検討することで、法律行為の効力に関する新たなスキームの構築に向けた整理を行なう。
到達目標 公私峻別論・公私協働論という枠組みでの議論が展開されているが、そこにおけるステレオタイプ的な議論の問題点を発掘することで、公私協働論の抱える理論的限界を明らかにする。
授業計画と内容 第1回 問題意識共有のためのオリエンテーション
第2回~第10回  公私協働論に関する基本文献の輪読による精査
第11回~第14回 問題点の整理と新たなスキーム構築に向けた検討
第15回 フィードバック期間
成績評価の方法・観点 授業での報告と討議への参加内容による平常点評価
法学研究科が定める成績評価の方針に従って到達目標の達成度を評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 序業で取り上げる文献のほかにも、関連する参考資料を積極的に検討することを希望する。
PAGE TOP