日本法史B

科目ナンバリング G-LAW10 6A006 OJ41 開講年度・開講期 2021 ・ 後期
単位数 2 単位 授業形態 講義・演習
配当学年 修士 対象学生
使用言語 日本語 曜時限 火2
教員 伊藤 孝夫 (法学研究科 教授)
高谷 知佳 (法学研究科 准教授)
授業の概要・目的  日本法史関係の史料講読・研究文献の検討を中心に進め、随時、参加者による研究報告を交える。日本法史研究の最前線について、状況把握・その批判的検討を通じて、研究の深化を図る。
到達目標  日本法史の研究方法・知識の習得を通じ、研究者としての活動の基礎を獲得する。
授業計画と内容  日本法史関係の史料読解・研究文献紹介を、順次、参加者が担当し、批判的検討を加えることを主体として進める。内容は、主要参加者とも相談して決定する。
   1 開講準備  2~15 課題検討 
成績評価の方法・観点 平常点評価。
法学研究科が定める成績評価の方針に従って到達目標の達成度を評価する。
履修要件  必ずしも要件とはしないが、日本法史専攻の大学院生を主体とした演習形式であるので、他の専攻分野の参加者も、日本法史についての基礎的な知識を有していることが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等  自己の報告担当時はもちろんとして、毎回に取り上げられる研究素材については、その都度、内容理解について準備して来ることが望ましい。
参考書等 参照する文献は適宜指示する。
PAGE TOP