民法研究5B

科目ナンバリング G-LAW10 7B447 OJ41 開講年度・開講期 2021 ・ 後期
単位数 2 単位 授業形態 講義・演習
配当学年 博士 対象学生
使用言語 日本語 曜時限 水2
教員 山本 敬三 (法学研究科 教授)
和田 勝行 (法学研究科 准教授)
授業の概要・目的 法の経済分析に関する内外の文献を講読・検討することにより、法の経済分析に関する理解を深める。
到達目標 法の経済分析に関する外国語の専門文献を独力で読解することができるようにするとともに、法の経済分析を理解するための基本知識を修得することができるようにする。
授業計画と内容 法の経済分析に関する文献を取り上げ、毎回、担当者を指名して、あらかじめ日本語訳ないし要約を作成した上で、その内容について吟味・検討する。さらに必要に応じて、関連文献を指示し、その内容に関する報告と検討もあわせて行うこととする。
第1回 ガイダンス
第2回~第14回 Horst Eidenmueller, Effizienz als Rechtsprinzip - Moeglichkeiten und Grenzen der oekonomischen Analyse des Rechts, 3. Aufl. (2005), Teil 1を前期に引き続き2~5頁程度講読するほか、該当する項目について、あらかじめ指示した関連文献の検討をあわせて行う。
第15回 総括
成績評価の方法・観点 取り上げる文献に関する読解の的確さ、理解度等を考慮した平常点評価による。
法学研究科が定める成績評価の方針に従って到達目標の達成度を評価する。
履修要件 ドイツ語の読解能力を有することが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等 毎回の授業で取り上げる部分について、必ず事前に検討してくること。
教科書 Effizienz als Rechtsprinzip - Moeglichkeiten und Grenzen der oekonomischen Analyse des Rechts, 3. Aufl., Horst Eidenmueller, (Mohr Siebeck, 2005), ISBN:978-3-16-153974-9, (Teil 1)
PAGE TOP