商法1A

科目ナンバリング G-LAW10 6A455 OJ41 開講年度・開講期 2021 ・ 前期
単位数 2 単位 授業形態 講義・演習
配当学年 修士 対象学生
使用言語 日本語 曜時限 火4
教員 山下 徹哉 (法学研究科 教授)
授業の概要・目的 ドイツ保険法の基本的文献(ドイツ語)の講読を通じて、ドイツ保険法の全体像を理解するとともに、わが国とドイツの保険法規整についての多角的な視点を養うことを目的とする。
到達目標 ドイツの保険法にかかる基本的な知識を取得するとともに、わが国およびドイツの保険法規整にかかる多角的な視点を獲得する。
授業計画と内容 下記文献の概ね前半部分を通読する。参加者は輪番により、担当箇所の内容、日本法との異同について報告する。

Christian ArmbrÜster, Privatversicherungsrecht, 2.Auflage, Mohr Siebeck, 2019

おおよその予定は次のとおりである。
1~3回:第1部(Das Privatversicherungsrecht als Rechtsgebiet):第1章-第5章
4~7回:第2部(Versicherung als GeschÄftstyp):第6章-第11章
8~9回:第3部(EinschrÄnkungen der Vertragsfreiheit):第12章-第16章
10~15回:第4部(Das VersicherungsverhÄltnis):第17章-第22章
成績評価の方法・観点 平常点による。
法学研究科が定める成績評価の方針に従って到達目標の達成度を評価する。
履修要件 授業に参加する者は、わが国の保険法制に関する十分な知識と法学にかかるドイツ語文献を読みこなせるドイツ語力を有していることが求められる。
授業外学習(予習・復習)等 報告担当者から授業前に送付される訳文を、ドイツ語原文と照らし合わせながら十分な時間をかけて検討しておくこと。
教科書 「授業計画と内容」に記したとおり。
PAGE TOP