教育史概論I

科目ナンバリング U-EDU01 20141 LJ47
U-EDU01 20141 LJ38
開講年度・開講期 2021 ・ 前期
単位数 単位 授業形態 講義
配当学年 2-4回生 対象学生
使用言語 日本語 曜時限 金1
教員 VAN STEENPAAL,Niels (教育学研究科 准教授)
授業の概要・目的 かなり均一化した近代と異なり、近世(江戸時代)の社会は多様であった。地域・身分・性別・職業ごとに独特な慣習があり、その教育システムも異なっていた。そうした近世の社会と教育の諸相を概説し、歴史の側から教育をとらえる視点と意義を提示したい。総じて学校的な教育機関それ自体よりも、社会に埋め込まれた人間形成のシステムを見ることになり、結果的に近代国民教育との連続・非連続性の両面をとらえることになる。
到達目標 (1)教育史という分野の専門用語、前提、「物語」が理解できる。
(2)日本近世の教育・文化の概要が説明できる。
(3)歴史を通じて現代的な問題について考えるスキルを身につける。
授業計画と内容 基本的に以下のプランに従って、講義を進める。
1.オリエンテーション
2.近世教育史とは 1
3.近世教育史とは 2
4.子供観1
5.子供観2
6.子供観3
7.子供観4
8.子育て1
9.子育て2
10.文字社会
11.手習塾1
12.手習塾2
13.商業出版
14.私塾
15.レポート提出
16.フィードバック(フィードバック方法は別途連絡します)
成績評価の方法・観点 50% 平常点(出席や準備、授業中に書いてもらうレスポンスカードなど)
50% 期末レポート
【評価基準】到達目標について、教育学部(または教育学研究科)の評価基準に従って評価する。
履修要件 特にないが、教育史概論II(日本・近代)とあわせて履修することが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等 配布資料の予習。
教科書 教科書は使わない。資料は授業中に配布する。
PAGE TOP